源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
時刻表昭和史
増補版 時刻表昭和史 (角川文庫)増補版 時刻表昭和史 (角川文庫)
(2001/06)
宮脇 俊三

商品詳細を見る

増補版 時刻表昭和史
宮脇俊三【著】
角川書店(角川文庫)刊
2001(平成13)年6月発行

宮脇俊三さんは自著の宣伝めいた発言をほとんどしないのですが、本書は例外に属するやうです。特に若い人に読んでもらひたい、と宮脇さんとしては特別に思ひ入れのある作品ださうです。初版の「あとがき」には、かう書かれてゐます。

駅々に貼られた旅客誘致のポスター、ホームに上れば各種の駅弁が装いをこらして積んである。冷房のきいた車内、切符を持たずに乗っても愛想よく車内補充券を発行してくれる車掌。
 そのたびに私は思い出さずにはいられない。不急不要の旅行はやめよう、遊山旅行は敵だ等々のポスター、代用食の芋駅弁を奪い合う乗客、車内は超満員でトイレにも行けず、座席の間にしゃがみこむ女性、そして憲兵のように威張っていた車掌。
 汽車に乗っていて、ときどき私は、いまは夢で、目が覚めると、あの時代に逆戻りするのではないかと思うことさえある。二度とめぐり合いたくない時代である。それゆえに、絶対に忘れてはならないと思う
」(「あとがき」)

昭和8年の山手線に始まり、昭和20年の米坂線109列車までを取り上げてゐます。丁度日本が戦争に向かつて行く時代から挫折を味はふ時代に重なつてゐるのです。
初期作品に良く見られた諧謔調は鳴りを潜め、あへて感情を抑へた文章であります。これが大変効いてゐます。

そして有名な、山形県今泉駅前で聞いた玉音放送のくだり。駅前で放送が終つた後でも、人々は動かずにラジオから離れずにゐました。そこへ汽車が来ます。ここは何度読んでも胸がつまるところであります。

時は止まっていたが汽車は走っていた。
 まもなく女子の改札係が坂町行が来ると告げた。父と私は今泉駅のホームに立って、米沢発坂町行の米坂線の列車が入って来るのを待った。こんなときでも汽車が走るのか、私は信じられない思いがしていた。
 けれども、坂町行109列車は入ってきた。
 いつもとおなじ蒸気機関車が、動輪の間からホームに蒸気を吹きつけながら、何事もなかったかのように進入してきた。機関士も助士も、たしかに乗っていて、いつものように助役からタブレットの輪を受けとっていた。機関士たちは天皇の放送を聞かなかったのだろうか、あの放送は全国民が聞かねばならなかったはずだがと私は思った。
 昭和二〇年八月一五日正午という、予告された歴史的時刻を無視して、日本の汽車は時刻表通りに走っていたのである。
」(「第13章 米坂線109列車」)

本書は「増補版」といふことで、14章から18章までが追加されてゐます。確かに著者の語るやうに、鉄道史における戦後は、昭和24年頃まで続いたのであります。特に21-22年あたりが、日本の鉄道史最悪の暗黒時代といはれてゐます。米国に全てにおいて力の差を見せ付けられ、敗戦国であることを嫌でも思ひ知らされる屈辱の数々。
宮脇さんはここまで書かなければ完結しない、と思つてゐたやうですが、終戦時の今泉駅で燃え尽きたさうです。なるほど13章以前と14章以後では、文章の濃淡にかなり差があります。
しかしそれでも、この増補版でやうやく「完全版」として世に出た訳であります。その意味は大きいでせう。
今後も読み継がれることを切に願ふ書物のひとつでございます。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/476-4cbdedba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック