源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
日本の文章
日本の文章 (講談社学術文庫)日本の文章 (講談社学術文庫)
(1984/08)
外山 滋比古

商品詳細を見る

日本の文章
外山滋比古【著】
講談社(講談社学術文庫)刊
1984(昭和59)年8月発行


日本の文章。実に壮大かつ捉へどころのない茫洋としたタイトルであります。
本書をちらちらとのぞいてみますと、一つの章がまことに短い。何かの雑誌に連載されたコラム的な文章でせうか。
著者によりますと、文章の書き方を説いた本ではなく、われわれの文章がどのやうなものであるかを考へたものであるさうです。

文章といえば、文字だけの言葉、声を失った表現を考えがちなのが、これまでの日本である。文章も言葉であるから、肉声と縁を切るわけにはいかない。ここでは耳で読む、耳でも読める文章に注意している。そこから新しい日本語のスタイルが生まれるかもしれないと考える」(「まえがき」)

なるほど日本では読書といへば黙読といふ暗黙の了解みたいなものがあつて、音読は子供がするものと決め付けてゐないか。これは明治以降の翻訳文化の悪しき影響であると著書は述べます。
ずばり「耳で読む」といふ短い章があります。たとへば書き上げた文章を推敲する時に、音読してみれば良いらしい。音読することで、リヅムの悪い文章、同じ言葉の繰り返しが多い文章などを撃退出来るのであります。

以上は一例で、さういふ目からウロコ的な提言主張が全部で28章も収められてゐるのです。これらを惜し気もなく一冊にぎゆつと詰め込んだ、まことに贅沢な書物と申せませう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/481-973ddc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック