源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
電力と国家
電力と国家 (集英社新書)電力と国家 (集英社新書)
(2011/10/14)
佐高 信

商品詳細を見る

電力と国家
佐高信【著】
集英社(集英社新書)刊
2011(平成23)年10月発行

福島の原発事故以来、東京電力(といふか電力会社)といふものがどんな組織であつたのか、国民の前に明らかになつてきてゐます。
なぜかういふことになつてしまつたのか、そもそも誰が悪いのか。本書では、それを日本における電力事情の歴史を振り返ることで明らかにしてゐます。

現状の問題点を挙げる発言はいろいろな場所でいろいろな人が発信してゐますが、佐高信氏は今日に至る歴史的経緯を述べてくれます。
電力を国家管理から死守してきた「電力の鬼」松永安左ェ門とその後継者たる木川田一隆の戦ひに多くを費やし、断片的ながら「松永安左ェ門伝」の様相さへ呈してゐます。

「国家対電力」といふ緊張関係を失つたのは、木川田一隆の薫陶を受けたとされる平岩外四からだと佐高氏は指摘します。国家に介入させずの原則を崩し、当時の通産省と通じるやうになります。原子力発電の主導権を通産省に明け渡したといふことですな。今回噴出した諸問題は、平岩外四の方向転換以降に端を発してゐると。実際には様様な要因が重なつてゐるのでせうが。
佐高氏はいつも、個人名を出すのが特徴。「東電が悪い」「民主党が悪い」などと組織名で批判しても詮無いといふことでせう。実際に行動を起こすのは組織や建物ではなく、個人であります。

もはや既存の電力会社には自浄能力はありますまい。しかし巻末で佐高氏はかすかな希望を感じとつてゐます。新たに「中央対地方」(この用語には抵抗を示す人も多いでせうが)の対立軸が出来つつあると。知事を中心とした地方が連携をとることが出来ればいいのですがね...

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/483-f4afac2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック