源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
図解 新説全国寝台列車未来予想図
<図解>新説 全国寝台列車未来予想図――ブルートレイン「銀河」廃止の本当の理由<図解>新説 全国寝台列車未来予想図――ブルートレイン「銀河」廃止の本当の理由
(2008/03/14)
川島 令三

商品詳細を見る

図解 新説全国寝台列車未来予想図
川島令三【著】
講談社刊
2008(平成20)年3月発行

来年(2012年)3月のダイヤ改正にて、またもや夜行列車が削減されることが判明しました。もうどうにでもなれと云ふ感じです。今度はいはゆる日本海縦貫線を走る寝台特急「日本海」と急行「きたぐに」が廃止されるさうです。
両列車とも思ひ出深いですが、特に「日本海」にはお世話になりました。愛知県在住のわたくしとしては、名古屋から乗れないので新幹線-しらさぎと乗り継ぎ、敦賀で「日本海」を捉まへたものであります。特にシングルデラックスと称するA個室があつた時代はほぼ毎年乗つてゐたやうな気がします。あれに乗つて一人宴会をするのは人生最高の愉しみとさへ感じ、こんなに幸せでいいのかね、と思ひました。わしはこの瞬間のために日々生きてゐるのだなあ、とね。

などと回顧してゐても今や虚しいので、川島令三著『図解 新説 全国寝台列車未来予想図』を開いてみます。
少し古い内容で、本書発売後に「はやぶさ」「富士」「北陸」が廃止されてゐます。
書名には「未来予想図」とありますが、第1章-第4章までは今までの歴史と現状の概観であり、肝心の予測と展望は第5章-第6章のみで、せいぜい全体の3分の1程度でせうか。書名と内容に乖離がございます。もつとも川島氏の本にはよくあることですが。また、「図解」を名乗る割には図解が少ないのであります。出版社の命名かもしれませんが、書名はもつと良く考へた方が良いのでは。

サブタイトルにもある、「銀河」廃止の本当の理由とは、畢竟JR東海に機関車の運転士が不足してゐることだと指摘します。それにも関連して、著者は新しい寝台「電車」の開発を提言してゐます。これは本当の意味の「電車」ですよ(鉄道車両を見れば何でも「電車」と呼称する昨今なので)。しかし3月11日以降、電化万能に疑問を呈する風潮になつてまいりましたがね。
その際の新造電車を使用する列車の編成表も披露されてゐます。「クイネテ」なんて面白いけれど実現は難しいでせうね。
国鉄が分割された時点で、すでに長距離寝台列車は全廃するのが暗黙の了解だつたのかも知れません。残るのは「カシオペア」「サンライズ」のみになるのでせうか。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/485-b1b3bd2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック