源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
ドン・ジュアン
ドン・ジュアン (岩波文庫)ドン・ジュアン (岩波文庫)
(1975/01)
モリエール

商品詳細を見る

ドン・ジュアン
モリエール【著】
鈴木力衛【訳】
岩波書店(岩波文庫)刊
1952(昭和27)年1月発行
1975(昭和50)年12月改版

学生の頃は仏文科に在籍してゐたため、当時は片端からフランスものを読んだのであります。その一冊。
並び称されたコルネイユ、ラシーヌは、少なくとも日本ではあまり語られなくなつたのに対し、このモリエールはまだ読まれてゐるやうです。

有名なドン・ジュアンのお話。元元はイタリアではなくスペインが発祥の地ださうです。
モリエールがドン・ジュアンを題材に芝居を書いたのは、もつぱら商売上の事情のやうであります。別段自らの文学的創造のためといふわけではなく、当時のモリエール一座の金勘定のために一気に書かれたものらしい。これはびつくり。さういはれてみると、書き方や話の展開が少し粗く感じます。いはれなければ気にしないけれど。
良くいへばスパッと分かりやすく男性的である。三船敏郎の殺陣と同じですな。

そしてドン・ジュアンの従僕であるスガナレルがよろしい。何かと博識をひけらかし俗物ぶりを発揮してゐます。当時の風潮や時事問題を揶揄したと思はれるせりふもあり、時に毒を含んでゐます。『タルチュフ』が上映禁止になつた腹いせでせうか。
先入観を持たずに読めば、驚くほど新しい内容に「ほほう」と声が出るところであります。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/486-590dcd2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック