源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
ショージ君の面白半分
ショージ君の面白半分 (文春文庫)ショージ君の面白半分 (文春文庫)
(1979/12/25)
東海林 さだお

商品詳細を見る

ショージ君の面白半分

東海林さだお【著】
文藝春秋(文春文庫)刊
1979(昭和54)年12月発行


年の瀬に、寂しいニュウスが飛び込んできましたので、今回取り上げる本の予定を変更しました。
即ち、毎日新聞紙上にて連載されてゐた四コマ漫画「アサッテ君」が、本日12月31日をもつて終了するといふのです。
なんと40年の長きに亘る連載でした。ニュウスによると、一般全国紙の漫画連載としては最長記録ださうです。
わたくしが子供の頃、家ではその毎日新聞を取つてゐたのですが、毎朝新聞受から新聞を取り出すと、まづ「アサッテ君」を読んだものです。わたくしが小学生の時に初めて書いた小説のタイトルも「アサッテ君の謎」でした。アサッテ君が殺人事件に巻き込まれるといふ、くだらないストオリイであります。まあそれほどこの漫画が気に入つてゐたのでせう。

その後別の新聞に切換えたので、「アサッテ君」からは遠のきましたが、たまに「毎日」を読む機会がありますと必ず目を通し、「あ、まだ続いてゐるのだな」と安心したものであります。
ただ、讀賣・朝日の2大新聞の漫画に比べて世間の待遇はイマイチだつたやうな気がします。朝日の「フジ三太郎」や、讀賣の「コボちゃん」なんかは、早い時期に全作品が単行本化されたのに(四コマの革命児と呼ばれた植田まさしも、今では...)、「アサッテ君」は単行本化が遅く、しかも抄録だつたと記憶してをります。
何はともあれ、作者の東海林さだお氏にはお疲れ様でしたと申し上げたいところです。

さて、それなのに取り上げる本は「アサッテ君」ではないのか?と突つ込まれさうですが、適当に書棚から手に取つたのが本書でしたので。余りに面白くて、書棚の前でそのまま全部読んでしまつた。1979年の作品だから、35年前といふことになります。村井美樹さんと同い年。まあ東海林さんの本は新しからうが古からうが外れが無い、といふことで。
最近は各ジャンルで一時代の終りを感じさせる出来事が多いのですが、今年の最後の最後でまたひとつ、昭和が去つたといふ感じです。

さあ2014年も終りであります。今年は本当に、何かと疲れた一年でした。来年はもう少し考へて活動しなければ。
ぢやあ、みなさま良いお年を。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/509-237e6426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック