源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
平台がおまちかね
平台がおまちかね (創元推理文庫)平台がおまちかね (創元推理文庫)
(2011/09/16)
大崎 梢

商品詳細を見る

平台がおまちかね

大崎梢【著】
東京創元社(創元推理文庫)刊
2011(平成23)年9月発行


元本屋ですので、タイトルの「平台」に反応してしまひ、思はず本書を手に取りました。
書店員が主人公の話かと思つたら、出版社(我々は「版元」と呼称してゐました)の営業マンだといふ。営業ですか......どうもわたくしには良い印象が無いのであります。

傷だらけの店長』のところでも述べましたが、とにかく本屋の店長は常に時間に追はれて忙しいのであります。殺気立つてゐます。さういふ時に、アポの一つも無しに突然店にやつてきて、能天気に(でも無いのだらうが、こちらにはさう見えてしまふ)自社の新刊案内を始めたりする。苛々に拍車がかかるのであります。

もちろん中には仲の良い営業さんもゐるのですがね。たいがいは自社の都合しか考へず、注文書に勝手に注文数を書き入れ「番線」を押してくださいなどと強要し、自社本を良い場所(売場)に移動し他社本は目立たぬ場所へ押し込め、やあ最近はどうですなどと愚にもつかぬ話しかせず、訪問してやつてゐるのだから有難がれといはぬばかりの態度を示す。
そして「前回来た時は店長(わたくしのこと)がゐなくてさあ」などと自分がアポ無しで突然来店した癖に文句を付ける。こんな奴には「邪魔だ、帰れ」と心で思つてゐるのが顔に出るやうで、ちよつとしたいざこざになつたりする。ま、押しなべて迷惑な存在であります。

そんな版元の営業マンを主人公にして、ミステリができるのかと思ひましたが、それなりの体裁は整つてゐます。主人公は老舗で中堅クラスの版元「明林書房」の営業マン・井辻智紀くん。中堅といひながら、この出版社、やつてることは大手そのものではありませんか。自前で文学賞を主催し、賑やかに授賞式を営むことができる出版社は一握りでせうから。
井辻くんは新人ながら、他社の海千山千の営業マンと何とか戦つてゐます。
本書には五編の短篇が収録されてゐて、いづれもまあ、突き放して言へば毒にも薬にもならぬ話なのですが、良く言へば実に心温まる物語なのです。登場人物は皆善人ばかりだしね。

別段貶してゐる訳ではありませんが、どうも出版社の営業といふ人種をかなり美化してゐると(わたくしには)思はれるので、斜に構へた物言ひになつてしまふのです。
むしろこの業界に無関係の方が、本書を虚心に読むことが出来るでせう。さういふ人なら、恐らく楽しめる作品群でありますよ。

ああ久しぶりの更新で疲弊いたしました。今夜はこれにてご無礼いたします。ぢやあまた。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/522-b90f8c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック