源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
サービスの達人たち
サービスの達人たち (新潮文庫)サービスの達人たち (新潮文庫)
(2008/10/28)
野地 秩嘉

商品詳細を見る

サービスの達人たち

野地秩嘉【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2008(平成20)年10月発行


サービス』といふ書物の著者・桜井多恵子氏によると、日本の小売業ほど「サービス」なる言葉をいい加減に駆使する世界はないさうです。顧客側も売る側もそれぞれ自らに都合の良い解釈で「サービス」と発してゐます。まあ客側からのイメエヂは「値引き、おまけ」でせうね。要するに「サービス」はタダといふ考へ方。
反対に売る側からのそれは「満足、付加価値」といつたところで、「サービス」は有料といふ認識ではないでせうか。その辺のギャップがクレームに発展したりするのであります。

野地秩嘉著『サービスの達人たち』に登場するのは、超高級外車のセールスマン、天ぷら職人、銭湯の三助、ウィスキーのブレンダー、ゲイバーの経営者、電報配達人、キャバレーのホステス、「呼び屋」と言はれる興行師、ホテルの靴磨きといつた面々でございます。確かにサービスの達人と言へなくもないが、どうもこの書名には違和感があります。それよりも「プロフェッショナルの矜持」といつたものを感じるのであります。

したがつて、紹介文には「名もなき“職人”である彼らの姿を追いながら、本物のサービスとは何か、サービスの極意とは何か、に迫った九つのノンフィクション」とありますが、私見では、登場する彼らは別段顧客のことを考へてゐる訳ではなく(無論少しは考へてゐるでせうが)、自分自身が納得する仕事に邁進し、妥協をせず、自らの腕を信ずるプロフェッショナルと感じます。
各篇の内容は悪くないけれど、現在サービス業に従事する人たちの参考になるのかどうかは分かりません。タイトルの付け方の重要性を感じた一冊と申せませう。

ぢや、今日はこれで。ご無礼いたします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/539-5ac2a067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック