源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
屠殺屋入門
$源氏川苦心の快楽書肆

屠殺屋入門
ボリス・ヴィアン【著】
生田耕作【訳】
奢灞都館刊
1979(昭和54)年10月発行


多方面でその才能を見せ付けたボリス・ヴィアン。数は少ないながら、戯曲作品も充実してゐることを証明する一作と申せませう。
ヴィアンの名声はほとんどが死後のものであります。それを裏付けるやうに、生前に実際に上演が実現したのは、本作『屠殺屋入門』のみであります。
しかも、執筆後四年も経つてやうやく実現した上演だつたと言ひます。その内容に恐れをなした関係者がイヤがつたのでせうか。

内容はとにかく馬鹿馬鹿しい。筋らしい筋も特に有りません。強ひていへば、屠殺屋の親父が自分の娘に婚礼させるために奔走する、といふところですが、それもどうでもいい感じです。
登場人物は夥しい数にのぼりますが、いづれも自分勝手に喋るだけで、収拾がつかない。
これほどの人物が登場しながら、物語はちつとも進まないといふところに面白さがあります。
戦争といふ愚かでくだらないものを笑ひとばす意図をくみ取る人もゐますが、あまり寓意を求めない方が粋といふものでせう。

ところで奢灞都館から出てゐる本作は、すでに絶版みたいです。早川書房の全集にも未収録。
入手は可能とは思ひますが、ネットでは結構な高値ですね。読みたい人は、我が家の苦心文庫で閲覧可能です...

屠殺屋入門 (1979年)/奢覇都館

¥2,205
Amazon.co.jp

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/54-5783db06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック