源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
大学でいかに学ぶか
無題

大学でいかに学ぶか

増田四郎【著】
講談社(講談社現代新書)刊
1966(昭和41)年5月発行

近年はあまり五月病といふ言葉を聞きませんが、入社や入学自体を目的として活動してきた人々は、何をやれば良いのか分からず彷徨してゐるのではないでせうか。
やはり入つてから何をしたいといふ強い願望が無い人にとつては、入社や入学がゴールとなり、その後の目的を失ふことは容易に想像が付きます。

『大学でいかに学ぶか』は、新たに大学生となつた人向けに、もう50年近くも前に書かれた書物でございます。実はわたくしが大学生になつた頃に購買したものです。その時分は、割かし真面目に「大学での学問の仕方を学びたい」と思考してゐたのですよ。まあ中には、「いかに学ぶか」なんて大きなお世話だぜと呟く人もゐるでせう。それもごもつともだと思ひますので、さういふ人はご随意に。

書名からして、もう少し説教染みた、末香臭い内容かと思ひましたが、これが中中刺激的で、古びた様子が全くない指摘の連続なのですよ。著者は高名な歴史学者なのに、語り口は穏やかで、まるで中学生に対して講演でもしてゐるやうです。約50年前に書かれたといふ予備知識なしに読めば、まるで現在の事を述べてゐると錯覚しさうなほど、先進的なのですね。教育者として学生を見る目は中中に厳しい。逆に言へば、現代の学生も進化してゐないといふ証左でせうか。

明治以降の日本の学界は、十八世紀・十九世紀の欧州を手本にしてきました。確かに当時は西欧といふのが世界の超先進国で、西欧が世界を引つ張つてゐるとの前提で、何となく世界の約束事が作られていきました。しかしながら二十世紀は新興国の時代であります。古い物差しで測れば無理の出る時代。無理とは摩擦だつたり戦争だつたりします。
日本ではさすがに欧米崇拝の風潮は衰へたとはいへ、まだ我我の生活はその延長線上にあるのではないでせうか。
そんな我我が、古い学説を覆し新たな発見をするのは真に難しいことであります。しかし著者は言ふ。

大きなダムも、蟻の穴でくずれるとさえいいます。あの大きなマルクス主義の体系もくずれるかもしれません。(中略)ヨーロッパの偉い学者が考えたことは不動の真理だと考える義理もまったくないのです。(中略)自分はここまでしかわからないが、そこまでについては、動かない証拠をあげ、論証ができるというものを見つけていく。それは蟻の穴ほどの小さなことかもしれません。しかし、そういうことをいくつもくり返してやっているうちに、いつかはダムもくずれるかもしれない、そのあとはだれかが築いてくれるであろう。―そうした、自分を捨て石にする気持ちにならないと、学問というものは客観化してきません」(7「現代学問のすすめ」より)

捨て石ですよ、捨て石。刹那的な功名心、名声を得たいと思ふ心は誰しも有るでせうが、そこをあへて捨て石になれと......何と厳しい世界なのでせうか。
ま、わたくしは歳を取り過ぎてゐますので、若い諸君の中から、覚悟を持つた人が出現することを望むものであります。
いやあ、我ながら無責任な発言ですなあ。

スポンサーサイト
コメント
コメント
よく分かる。
捨て石、ですか。
ここ数年、生物学系の学者とよく席をともにしますが、かの世界では、論文の提出数、学会誌での掲載回数などが出世に繋がるせいか、捨て石で構わないと研究に邁進する方はごく一握りであるように思います。
余談ですが、漫画「ヒカルの碁」の最後あたりで、主人公がなぜ碁を打つのかと問われるシーンがあります。
碁は、先人達が編み出した譜面を現代の棋士が研究し、次の世代に伝えるーー。ただそれだけだという結論が示唆されるわけですが、私は読んだ時、何やら泣けてくるような共感を得たものでした。
2015/05/24(日) 12:05:47 | URL | せるげん #- [ 編集 ]
Re: よく分かる。
なるほど。学者の方々も個々人で色色事情がおありでせうから、わたくしなぞが口を挟む筋合ひのものではないのでせうが。しかし「ごく一握り」でも、さういふ学者が存在するだけでも貴いことだと思ひます。
「ヒカルの碁」は本屋時代に売りまくつたけど、紺屋の白袴で中身を読んでゐませんでした。今度読んでみます。
2015/05/24(日) 22:22:38 | URL | 源氏川苦心 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/547-89cbc0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック