源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史
無題

刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史

佐々木嘉信【著】
産経新聞社【編】
新潮社(新潮文庫)刊
2004(平成16)年12月発行

落としの八兵衛」こと、平塚八兵衛氏の聞き書きを中心とした、昭和犯罪史とでも申せませうか。
八兵衛氏は「花の捜査一課」で30年以上勤めあげた、現場の刑事一筋に生きてきた人。巡査に始まり、最終的に警視にまで上り詰めますが、そのすべてが無試験での昇進といふ、異例中の異例の経歴を持つ刑事さんでした。
彼の名声を高めた「吉展ちゃん事件」をはじめ、「帝銀事件」「小平事件」「スチュワーデス事件」「下山事件」「カクタホテル殺人事件」、そして「三億円事件」と、戦後の重大事件の多くに関つてきたのであります。えー、このうち「カクタホテル」は、わたくし不勉強にして存じませんでした。いや、お恥かしい。

「吉展ちゃん事件」で明らかなやうに、この人の取り調べは、被疑者の過去を徹底的に洗ひ、「悪事を暴く」のではなく「どんな良いことをしてきたのか」を調べ上げ、「この人は俺の味方だ」と被疑者に思はせるところに特徴があるやうです。以前取り上げた『捜査一課秘録』にもさう書いてありましたね。攻めるばかりが落としではない、凶悪犯といへ一人の人間であるとばかりに接する。しかし「ここだ!」といふ局面では容赦はしません。近年は何かと人権問題が五月蝿いですが、「被害者の人権はどうなる!」と、八兵衛流を貫きます。よつて上司と衝突したり、圧力をかけられたりは日常茶飯事だつたとか。

何しろ凶悪事件ばかりなので、本書を「面白い」と評すれば不謹慎の誹りを免れませんが、やはり八兵衛さんの語りは読む者を惹きつけます。聞き書きの醍醐味ですな。その語り口は、がらつぱちながらも、自らの足で捜査したといふ自負からか、独断に陥らぬやうにとの慎重さも窺はれます。
しかし「下山事件」では、徹頭徹尾自殺説を取り、これに関しては取りつく島がありません。取材に来た松本清張氏が、「なるほど、これはやはり自殺なんですな」などと納得して帰つたかと思つたら、『日本の黒い霧』では他殺説を取つてゐて、八兵衛氏が不満を表明するところがあり、笑つてしまひました。

全体の三分の二以上の分量を占める「三億円事件」については、一転して読むのが辛くなります。
犯人を補足することなく時効を迎へ、その投入した人員、資金、時間を考へると、結果的に大いなる無駄足を七年間にわたり続けてしまつたといふこともありますが、「落としの八兵衛」としては、一度も被疑者と対面することなく、地道な捜査のみで実りがなかつたといふ徒労感もあるでせうね。

元々八兵衛さんは、「三億円事件」には関つてゐませんでした。当初物証が続々出てきたこともあり、直ぐに犯人は割れるだらうと上層部は軽く考へてゐたらしい。数日で決着が付くだらうなどと、見通しが甘すぎたのです。
結果、八兵衛さんが「最後の切り札」として招集されたのが、事件発生後四か月も経つてからのこと。その時には既に、捜査はしつちやかめつちやかに掻き回された後で、流石の八兵衛さんも勝手が違つたやうです。
例へば犯人が残した帽子やコート。何と当初は鑑定に回してゐなかつたとか。最初期で汗や指紋の採取が出来てゐれば、犯人に繋がる手がかりがつかめたかも知れませんが、八兵衛さんが参加したときには、あらゆる人間がその第一級の物証に関つた為、もう特定が出来ない状態でした。八兵衛さんとしては、恨み節の一つも出さうですが、さういふ言ひ訳は一切してゐません。潔いのであります。

伝説的名刑事による、もうひとつの戦後史。初版から約30年ぶりに文庫で復刊された意義は大きい。もうこんな刑事は出ないだらうと思はれますが、その精神は現役刑事にも引き継いでいただきたいものであります。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/561-d45d66cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック