源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
考える技術・書く技術
kangaerugijutukakugijutu.jpg

考える技術・書く技術

板坂元【著】
講談社(講談社現代新書)刊
1973(昭和48)年8月発行

板坂元氏(1922-2004)は、米国事情や江戸文学、日本人論から果ては少しエッチな男女の話まで幅広く活躍した人であります。
「論文の書き方」みたいな本かなと思つたら、むしろその前段の発想のヒント・情報収集・ツールの使ひ方などに力点が置かれてゐます。あたかもそれらが充実すれば、自然と文章は紡ぎ出されるのさ、とでも言つてゐるやうです。板坂版『知的生産の技術』ですな。

「Ⅰ 頭のウォームアップ」:脳を刺戟することの重要性が語られます。記憶訓練はわたくしも良くやります。全国の駅名を記憶する、全国の市町村を記憶する、戦後の幕内力士をフルネームで覚える、など源氏川苦心らしいものでやつてゐます。それにしても「KJ法=マージャン」とは......
「Ⅱ 視点」:本当に「いつも」「みんな」ほど好い加減な言葉はありませんね。子供が親に物をネダる時「みんな持つてるんだよ」と訴へますが、教室に40人ゐても友人が1-2人持つてゐれば「みんな」になつちやふのです。
「Ⅲ 読書」:自分の専門分野とは無関係の雑誌を買ひまくり、それらの全頁に目を通す。結構な物入りですね。現在ならネットで代用出来る?
「Ⅳ 整理」:カードを色分けしたり、文房具にこだはつたり、整理の作業を愉しくする工夫は参考になります。もつとも今ならPCで処理してしまふ部分が多いでせうが。
「Ⅴ 発想」:さあ、情報は集めた、次の一手だ。これらを発酵させ、独自の発想へ繋げられるか。「身体を動かす」「自然発酵をうながす」「おのれを信じる」など、少し情緒に流れてゐますかな。
「Ⅵ 説得」:説得には三つの要素があると著者は述べます。板坂氏独自の表現を借りると、「だきこめ」「なめられるな」「のせろ」といふことになります。信用を得る為の「権威づけ」は中中難しいですね。下手をすればスノビスムに陥りさうです。
「Ⅶ 仕上げ」:論述の形式として「逆ピラミッド型」「ピラミッド型」が存在すると喝破します。前者は主要な主張部分を先に述べ、その説明が後に続く型、後者はその逆ださうです。演繹型と帰納型といふ分け方も出来ると。
「Ⅷ まとめ」:締めくくりは精神論ですかな。誠実であること、情熱と忍耐など、道徳臭が漂ひますが、著者の苦い経験からの結論のやうです。

頭でつかちの論ではなく、著者自身の長年の活動から得たノウハウが詰まつてをります。読物としても愉快。40年を超すロングセラアも納得であります。
ではまた。機会が有ればお会ひしませう。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/596-8b6a93f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック