源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
ヤクザが店にやってきた
ヤクザが店にやってきた―暴力団と闘う飲食店オーナーの奮闘記 (新潮文庫)/宮本 照夫

¥500
Amazon.co.jp

ヤクザが店にやってきた-暴力団と闘う飲食店オーナーの奮闘記
宮本照夫【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2009(平成21)年9月発行


川崎市で飲食店を営む著者は、長年「暴力団出入り禁止」の方針を貫いてゐます。
これは言葉でいふほど容易いことではありません。
強固な意志と覚悟はもちろんのこと、その方針を貫くことによつて生じる様様な事象に対して責任を持たねばならないのです。
従業員に危険が及ぶこともあるでせう。しかし社長は先頭に立つて彼らを守らねばならない。
宮本照夫さんは見事にそれをやつてのけてゐるのであります。

飲食店のみならず、すべての小売業で(大小の差はあれど)同じ悩みを抱えてゐるのではないでせうか。さういふ自分も、DVDレンタル店やAVショップやネットカフェなどで仕事をした経験がありますが、なんとか組と名乗る人々は、どこからともなくするすると近付いて来るのであります。
こちらの言葉尻を捉へて窮地に追ひ込むのが得意です。緊張するのです。大声を出されると、恐くて不当な要求につひ屈してしまひさうなのです。

そんな自分から見ますと、宮本照夫さんの姿勢はまことに尊敬に値すると申せませう。巻末の「宮本照夫の暴対法」は、サアヴィス業に関はるすべての人が必見すべき内容で、参考になるのであります。
読み物としても完成度が高い。まあ、読んで損はありますまい...
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/6-a693ce62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック