源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
異邦人
5191JpXaOEL__SX351_BO1,204,203,200_

異邦人

アルベール・カミュ【著】
窪田啓作【訳】
新潮社(新潮文庫)刊
1963(昭和38)年1月発行
1996(平成8)年6月改版
2014(平成26)年6月改版

ママンが死んだとの電報を受け取つたムルソー。ムルソーはアルジェに住んでゐるのですが、ママンは養老院で生活をしてゐたのであります。
ムルソーは嘆き悲しんだのでせうか。慟哭したのでせうか。いやいや、全くさういふことはなく、感情を表に出すこともありませんでした。我慢して感情を抑へてゐるのでもないみたいです。ママンが死んだといふのに薄情な奴です。まあ、最近の日本でも似たやうな人は多いですかな。
更に葬儀の翌日にはマリイ・カルドナなるタイピストと同衾し、喜劇映画を鑑賞するなど、全く喪に服する様子を見せません。
ただ、その後何も事件が起きなければそれも大した問題にはならなかつたと思はれます。ちよつと変つた奴で済んだことでせう。

ムルソーにはレエモン・サンテスといふ友人もゐて、全く社交性がない訳ではありません。レエモンに紹介されたマソンとも打ち解けたやうであります。しかしその際、不穏な動きを見せるアラブ人たちと一触即発の状態に。
そしてムルソーは遂に、アラブ人の一人を殺害してしまふのであります。これはさすがにまづいでせう。当然ムルソーは逮捕され、尋問を繰り返し受けます。
そこまでは、特段に不条理な物語ではありません。

ムルソーは取り調べに対し、反抗的ではないが反省の色も見せず、判事や弁護士にも減刑を求めるやうなことはしません。動機を聞かれると「太陽がまぶしかつたから」などと答へて呆れられます。
ここで、ママンが死んだ時に涙も見せず、女と遊んでゐたことが糾弾されるのです。裁判での心証は悪くなるばかり。最後の司祭とのやりとりも全く噛み合はず、司祭は匙を投げたやうです。彼が去つた後でムルソーは平穏を取り戻し、「私ははじめて、世界の優しい無関心に、心をひらいた」とし、自分が現在幸福であることを表明するのでした。

ムルソーが殺人を犯すまでが第一部、逮捕されて以降が第二部となつてゐます。一方にムルソーを擁護する証人たちや弁護人の意見、他方に検察側の強引なこじつけによる的外れな非難。これらを目にすると、一体何方に分があるのか、正当性があるのかが分からなくなります。
無論殺人は許されざる犯罪ですが、ここに集まる人たちは、要するに日頃の自らの主張を声高らかに表出せんと張り切つてゐるだけではないのかとも思へます。異邦人といふ邦訳を「他所者」と捉へるなら、ムルソーは社会的正義を叫ぶ人たちによつて作られた「異邦人」かも知れませんね。

ところで、カミュ本人が朗読した「異邦人」のテープを聞いたことがありますが、ぶつきらばうな中に、ユウモワが湛へられた口調でした。そんな感じで読んで良いのか?と意外に思つたものです。
さう考へたら、第二部は眉間に寄つた皺を緩め、ニヤニヤしながら読むのも正解と申せませう。まあ正解を求めても詮無い小説ですがね。

ぢやあ今夜はこれでご無礼します。デハデハ。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/610-6cc06b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック