源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
間宮兄弟
無題

間宮兄弟

江國香織【著】
小学館(小学館文庫)刊
2007(平成19)年11月発行

本書を原作とする映画に、村井美樹さんがちよつと出てゐましたので、何となく手に取つた次第です。
間宮兄弟とは、兄・明信35歳と、弟・徹信32歳のふたり。明信は酒造メーカーに勤め、徹信は小学校の職員らしい。彼らは二人きりで生活してゐて、兄弟仲はかなり良い方のやうです。
実家の静岡には母と祖母が住んでをり、父親は既に亡くなつてゐるといふことです。母の誕生日には東京へ招き、二人でお祝ひをするといふ、中中親孝行な面も持ち合はせてゐます。

兄弟揃つて、女性にはもてないやうです。兄は初対面の女性から「最悪だわ」と思はれる容姿みたいだし、弟は小太りであります。少なくとも世間一般でいふイケメンではないのでせう。女性からすれば、恋愛対象ではないが「良い人」との位置付けでせうか。
そして二人とも少なからず失恋経験を持つ。失恋した時は、兄の明信は酒に溺れ、弟の徹信は新幹線を見に行く。二人とも分かりやすい行動を取るので、お互ひに「あ、失恋したな」とすぐにバレてしまふのでした。そんなこんなで、彼らはもう女の尻は追はない、と決めてゐるらしいが......

そんな兄弟ですが、やはり女性との接点は保ちたいらしく、自宅でカレーパーティーを計画し、気になる女性を招待せんと企みます。レンタルビデオ店の店員・直美と徹信が勤める小学校の教師・依子であります。案外簡単に誘ひに乗つてくれた二人ですが、どうなりますことやら。何となく結末が予想できさうな......
そして明信の会社の先輩である大垣さんは、妻の沙織さんと離婚したがつてゐる。大垣さんは同僚の美代子さんと仲良くしたいらしい。徹信は大垣さんに義憤を覚え、沙織さんの味方をします。何のことは無い、ここでも間宮兄弟は振り回されてゐるのです。

間宮兄弟は多趣味で(しかしそのすべてはインドアのもの)、心地良く過ごす術を心得てゐます。少々オタク気質だが、他人に迷惑をかける訳でもありません。心の片隅に充たされぬものを内包しながら、別にこれで良いぢやん、とこれからも生活してゆくのでせう。
江國香織さんがこの小説の構想を練つてゐた頃は、たぶん間宮兄弟は現実離れした存在だつたのでせう。しかし時代は急激に「間宮兄弟」に追ひついてきました。同居こそしてゐなくても、実際に彼らのやうな兄弟は存在し、増えてゐるのではないでせうか。
30代でも、まるで高校生のやうな思考回路。しかも極端に不器用な彼ら。そんな人たちを、一歩離れた場所から暖かい眼差しを送ることができるなら、本書は心地良い一冊と申せませう。
わたくしですか? 否、わたくしは別に......



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/617-ee9479c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック