源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
文鳥・夢十夜
514O2687pIL__SX345_BO1,204,203,200_

文鳥・夢十夜

夏目漱石【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1976(昭和51)年3月発行
2002(平成14)年9月改版
朝日新聞での漱石作品「再連載」シリーズは、『』が終了して今度は『夢十夜』であります。もつとも、短い作品なので、先日既に連載は終了しました。聞くところによると、四月からは何と『吾輩は猫である』の連載が開始するさうです。しかし、『猫』の掲載誌は「ホトトギス」ですよ。もはや朝日新聞の再連載シリーズではないですな。朝日新聞版「漱石全集」の完結を目論んでゐるのでせうか。

さて『文鳥・夢十夜』には表題二作を含む全七篇の作品が収められてゐます。
冒頭の「文鳥」は、「自分」が鈴木三重吉に勧められて文鳥を飼ふやうになつた話から始まります。この文鳥の描写が素晴らしいのですよ。確かな観察眼は、『猫』で「吾輩」の生態を活写した文章で、我我は既に知つてゐます。家人は文鳥の世話を忘れがちです。「自分」も忙しさにかまけて、文鳥を気にしながらも放置することが多い。何だか胸騒ぎがするではありませんか。
夢十夜」は、各章が「こんな夢を見た」で始まる連作集。幻想文学作家としての夏目漱石が十二分に楽しめます。女の墓前で100年待つた男の話や、背負つた子供が急に重くなる話など、玄妙かつ不気味な味はひを持つたエピソオドが印象に残るのであります。
永日小品」は、随筆なのか短篇小説なのか、俄かに分類し難い短文が集められてゐます。「元日」「モナリサ」「蛇」「泥棒」「過去の匂い」「猫の墓」「人間」などがわたくしの好みと申せませう。

そして「思い出す事など」。忘れるから思ひ出す、まさにその通り。小林旭の渡り鳥シリーズで、アキラが亡くなつた恋人の事を、浅丘ルリ子に語る場面があります。ルリ子が、さうして彼女の事を思ひ出すわけね、などと言ふ。アキラは「思ひ出す事なんかない」と一見冷たい返事をしますが、その真意は「思ひ出すつてのは、忘れるからだらう。俺は彼女を忘れた事はない。だからわざわざ思ひ出す事もない」といふ事です。キザなのであります。
まあそれはそれとして、本作では所謂「修善寺の大患」を語つてゐます。明治43年8月24日の大吐血の後、三十分間の「死」を体験した漱石。意識が恢復した後の、この旺盛な執筆意欲は何なのでせうか。やはり死期を意識して、これだけは書き記してから逝きたい、との願望なのか。
かかる深刻な内容の作品でも、漱石の諧謔精神は活発であります。生死を彷徨ふ描写なのに、「うん? ここは笑つていいところか?」と読者を惑はすのです。

更に、恩師を語る「ケーベル先生」、病室での不気味な音を訝しがる「変な音」、短篇小説の側面が強い「手紙」が収録されてゐます。
三部作など長篇作品でお腹一杯になつた方も、本書は別腹で十分召し上がれます。美味。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/621-f1efcde2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック