源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
智恵子抄
41YWVFQQ52L__SX327_BO1,204,203,200_

智恵子抄

高村光太郎【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1956(昭和31)年7月発行
1967(昭和42)年12月改版
1990(平成2)年6月改版
2003(平成14)年11月改版

去る4月2日は、高村光太郎の命日でした。今年は、彼の没後60年といふことになります。
高村光太郎といへば、大概の人は国語の教科書で読んだ事があるのではないでせうか。「僕の前に道はない/僕の後ろに道は出来る」なんて暗唱させられたのでは?

わたくしも中学二年の時に、教科書にて出会ひました。担当の国語教師は、当時30歳くらゐの女性で、高村光太郎にはかなりの思ひ入れのある、否ありすぎる感があり、辟易した覚えがございます。
例へば彼女は、光太郎のプロフィールを生徒に読ませます。父親の名前を「たかむらみつくも」と読んだ生徒に対し大仰に驚いてみせ、正解を述べたあと、その生徒を激しく侮辱するのでした。また、「彼の事を知らなければ、家に帰つてお父さんに聞いてごらん。知らない、なんてバカなお父さんはゐないだらうから」と言ひ放つたのであります。

ところでこの教師は、体罰を与へる時に、生徒の文房具などを使つて殴るので評判が悪かつた。わたくしも、宿題を忘れた罰として、自分の筆箱で力一杯頭を殴られたことがあります。筆箱は変形しまくり、中の鉛筆はボキボキに折れてしまひ使ひ物にならず、コンパスのやうな硬いものさへも変形してゐました。
平手やグウで殴るなら分かるけれど、学生の商売道具である筆記具で殴るとは、此奴は教師の資質はないな、と子供心に思つたものです。

お、失礼。高村光太郎と聞くと、今でも反射的にあの教師の事を思ひ出すので、余計な事を述べてしまひました。
智恵子抄』は、文字通り細君の高村智恵子に対する愛情を高らかに謳ふ一冊。智恵子の死までに書き溜めた詩や散文を一堂に集めたものであります。
智恵子は、光太郎と結婚後、現在でいふ統合失調症を患ひ、療養するも好転の兆しを見せることなく、息を引き取るのでした。最愛の人を亡くした光太郎も、しばらくは何も手に着かず、病人同様だつたらしい。本書所収「智恵子の半生」にも、その時の心境が実に正直に綴られてゐます。時には恥かしくなるほどに。

本音を言ひますと、中学生時に教科書で読んだ時は、それほど心に届かなかつたのでした。当然ですな。恋愛といふものを知らぬ餓鬼が読んでも、精精表面上の意味をなぞるくらゐのもの。
しかしかういふものは、わたくしのやうな莫迦でも、夫れなりの経験を積めば十二分に鑑賞できるのであります。事実、大人になつて再読した際には、涙なしには読めなかつたことを白状しておきませう。

本来なら、こんな詩集は邪道かも知れません。いはば惚気話を読者に読ませる訳ですからな。しかし、死後60年を経ても衰へぬ人気を鑑みれば、光太郎智恵子の二人だけの狭い世界の作品ではないといふことでせう。読者は、「光太郎は俺のことだ!」と自らに重ね合はせ、慰め、心を満たしてゐるのではありますまいか。

あへて「若い人」にではなく、人生経験をある程度積んだ人に、もう一度読み直してはどうでせうかと、お薦めするものであります。わたくしのやうに、涙するかもしれません。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/623-45d0075e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック