源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
最速伝説―20世紀の挑戦者たち
41nAP6heuML__SX298_BO1,204,203,200_

最速伝説―20世紀の挑戦者たち 新幹線・コンコルド・カウンタック

森口将之【著】
交通新聞社(交通新聞社新書)刊
2011(平成23)年4月発行

乗物に関しては、20世紀はスピードを追求する世紀であつたと言はれてゐます。例へば鉄道。東京-大阪間の所要時間でいふならば、20世紀初頭の時点では急行列車で約17時間かかつてゐました。1930(昭和5)年には超特急「燕」が登場し、9時間運転を実現します。戦後の1958(昭和33)年には初の電車特急「こだま」がデビュウし6時間50分。そして1964(昭和39)年、「夢の超特急」新幹線により、4時間(翌年に3時間10分)と劇的に短縮されました。現在の最速「のぞみ」は2時間25分といふことになつてゐます。古い設備の東海道新幹線で、しかも品川・新横浜の2駅が新たに停車駅に加はつたことを勘案すれば、大健闘と申せませう。

本書『最速伝説―20世紀の挑戦者たち』では、鉄道に加へ、航空機・自動車の速度への挑戦の歴史にも触れてゐます。サブタイトルにありますやうに、「新幹線・コンコルド・カウンタック」に、それぞれ鉄路・空路・道路の王者を代表させてゐるのです。
第1章「人はいつスピードに目覚めたか」では、世界初の乗り物競争の話から始まり、航空機が陸路を凌ぐまであたりを述べてゐます。意外にも、初期の航空機は、自動車や鉄道よりも遅かつたのですねえ。

第2章(1950年代)から最後の第7章(2000年代)まで、各章で10年ごとを概観してゐます。
わたくしの年代では、物心ついた時点で既にコンコルドや新幹線は活躍中で、他の男の子同様、夢中になつたものであります。しかしクルマにはなぜか興味を示さず、カウンタックについては後の漫画「サーキットの狼」で知りました。所謂スーパーカーブウムを巻き起こした作品ですね。

著者の森口将之氏の肩書は「モビリティジャーナリスト、モータージャーナリスト」とあります。モビリティジャーナリストなる職業は、不勉強にして初見でした。乗物の開発においてスピードを追求する風潮が一段落し、新たな段階へと舵を切つたと、著者は見立てます。だからこそ、最速を目指して人生を賭けた男たちの物語を、ここで書き残しておきたいとの思ひが強かつたのでせう。
そんな20世紀後半の、熱気に満ちた時代を語る著者はまことに活き活きとしてゐます。「おわりに」でも、一仕事終へた充実感のやうなものが感じられます。

欲を言へば、新書一冊に鉄道・旅客機・自動車の20世紀をまとめたため、内容が濃すぎて教科書的な記述になりがちなことでした。たたみかけるやうに事実を列挙する本文は、それなりに心地良いのですがね。例へば存命中の関係者の話を入れるとかが有つても良いかな、と存じます。まあ紙数の関係でせうか。
デハデハ。今夜はこれでご無礼します。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/625-b12a9daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック