源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
鉄道公安官 0番線
51KZDNmw+qL__SX313_BO1,204,203,200_

鉄道公安官 0番線

島田一男【著】
春陽堂書店(春陽文庫)刊
1976(昭和51)年8月発行

 去る6月16日は島田一男氏の20回目の命日でした。娯楽小説の何たるかを知悉する島田氏。現代小説・時代小説を問はず、その双方で活躍し、テレビドラマの原作になつた作品も数多いのです。
 どの作品を選んでも安心できるのですが、たまたま「東映チャンネル」で、昔のドラマ「鉄道公安官」をやつてゐて懐かしかつたので、鉄道公安官シリーズにいたしました(もつともドラマは島田氏の小説を原作とはしてゐませんが)。
 因みにドラマの主人公は石立鉄男さん。当初はホームドラマの印象が強い彼ではミスキャストだなあと感じてゐましたが、現在改めて観るとそれほど違和感はございません。ま、西郷輝彦さんによる前作「新幹線公安官」の方がより好みでしたがね。

 さて『新幹線公安官 0番線』は、「海堂次郎」シリーズの一作であります。
「0番線」とは何か。通常は旧国鉄の駅ですと、駅本屋(駅長室がある建物)側から順番に1番線・2番線......と乗場ホームに番号を振ります。名古屋駅の場合は、新幹線を入れてホーム8本、17番線まであります(9番線が欠番のため、16ではなく17)。
 しかし何らかの理由で、駅本屋側に新たにホームを設ける場合がございます。その際新ホームを1番線とすると、従来のホームも一つづつ数字を変へなくてはなりません。こりや大変だ。
 そこで「0番線」を登場させ、変更による工事や出費を最小限にするのであります。近所では「岡崎駅」の愛知環状鉄道線(元国鉄岡多線)の乗場が0番線となつてゐます。

 ストオリイに密接な関係を持つ急行「能登」が登場しますが、若い人にとつては、最近まで走つてゐた上野発(信越線経由)金沢行の列車を思ひ浮かべるでせう。しかし当時の「能登」は、東京駅発(東海道線経由)で米原から北陸線に乗入れてゐました。
 ほかにも、特急「富士」(第一・第二)「おおとり」「みずほ」「はと」、急行「那智・伊勢」「第二せっつ」「出雲」「瀬戸」「あかつき」などの名前が見え、オオルドファンは涙を流しさうです。
 名古屋始発の循環急行「しろがね」「こがね」も登場。「しろがね」のルートは、名古屋-岐阜-高山-富山-米原-岐阜-名古屋(「こがね」はその逆ルート)。

 例によつてミステリの内容は書きませんが、王道過ぎて、わたくしは何となく先が読めてしまつた。犯人も予想通り。それもいいでせう。陽性の文章で展開する海堂次郎の活躍や、新幹線開通前の東京駅の描写が興味深い。ミステリファンもテツも納得の一冊と申せませう。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/643-2cf3b4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック