源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
音楽入門
51kxkPqJL+L__SX351_BO1,204,203,200_

音楽入門

伊福部昭【著】
KADOKAWA(角川ソフィア文庫)刊
2016(平成28)年6月発行

角川ソフィア文庫の新刊ですが、元元は1951(昭和26)年に出版された古い作品であります。帯に書いてある文字は、次の如し。「本能を震わすメロディの秘密。ゴジラ音楽の原点を明かす!」
ははあ、要するに「シン・ゴジラ」に便乗した商品ですな。しかし名著が安価な文庫版で手に入るのは恭賀すべきものがあります。と言つてもこの薄い本が821円とは、今さらながら文庫本も高くなつたと感じるのでした。

故・伊福部昭氏は21歳で「日本狂詩曲」にてチェレプニン賞を受賞して以来、独自の音楽世界で日本の音楽界を牽引し続けてきた人。教育者としても、黛敏郎氏や芥川也寸志氏らを輩出するなど、押しも押されもせぬ存在となりました。
映画音楽の世界に入つたのは、先に映画の仕事をしてゐた盟友・早坂文雄の勧めもありましたが、何よりも生活の為だつたさうです。最初の映画の仕事は、新人監督谷口千吉の「銀嶺の果て」。監督・音楽のみならず主演の三船敏郎さんもデビュー作と、実にフレッシュなメムバアによる山岳アクション映画となりました。

さて『音楽入門』ですが、かつては「音楽鑑賞の立場」なるサブタイトルが付されてゐました。今回の文庫版では、何故かサブタイトルは省略されてをります。どうでもいいけど。
執筆目的は、いはゆる芸術音楽(まあ、今でいふ「クラシック音楽」とほぼ同義でせうか)を鑑賞するにあたつて、ウブな初心者たちに「何も構へて聴くことはない、自分の直観に従つて愉しめば良いのです」と啓蒙せんが為ですかな。実に平易で優しい語り口なので、わたくしのやうな素人でも理解できます。

「はしがき」で、国立博物館を見学に来た中学生の話があります。先生に引率された彼らは、掲示された説明文や先生の解説を、新聞記者よろしく熱心にノートに取つてゐたさうです。しかし生徒たちは、肝心の陳列物を鑑賞することはつひに無かつたと。作品の背景や知識を仕入れることに精一杯で、これでは少年少女たちは、大人の芸術の鑑賞方法はかういふものであると学んでしまふでせう。

これと同様に、音楽も教科書的な知識や専門家の意見を鵜呑みにし、自分の耳で聴いた直観がそれと違ふ場合は「ああ、俺は音楽の素養が無いのだな」と思ひ込んでしまふ初心者が多いと指摘します。
伊福部氏はアンドレ・ジイドの「定評のあるもの、または、既に吟味され尽くしたものより外、美を認めようとしない人を、私は軽蔑する」といふ言葉を引き、かういふ陥穽から逃れるには、逆説のやうだが、同時代の教養と呼ばれるものを否定するくらゐの心構へが必要だと説きます。
むろん根拠のないいたづらな否定を推奨するわけではありません。その辺の事情は、本書を読むうちに追追分かつてくるのであります。

本書は1985年、2003年にそれぞれ改訂版、新装版が出てをりまして、その都度の跋文も収録されてゐます。内容の古さに忸怩たる思ひであると述べてゐますが、どうしてどうして、音楽といふジャンルのみならず、本書から啓発される部分は今でも多いのであります。
巻末には1975年に行はれたインタヴューも。いやあ、お徳用の一冊ですなあ。「シン・ゴジラ」に興味は無い人も勇気を貰へますよ。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/649-363e2f55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック