源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
怪獣大戦争
1447071114362944.jpg

怪獣大戦争 怪獣小説全集Ⅱ

黒沼健/吉田誠/小林晋一郎【著】
出版芸術社刊
1993(平成5)年12月発行

怪獣総進撃』の続編といふか、姉妹編ですね。「空の大怪獣ラドン」「モスラ」「ゴジラVSビオランテ」の3作品の原作もしくはノベライズが収録されてゐます。

ラドンの誕生」は、映画「空の大怪獣ラドン」の原作。黒沼健氏の筆によるものであります。ラストシーンが、完成作品と大きく違ひますね。氷漬けにして爆破するなんて。個人的には、完成作品のラストが好きであります。ゴジラ程ではありませんが、核に翻弄された悲劇性が強調されて、余韻を感じさせます。何を隠さう、わたくしは東宝怪獣ではラドンが一番のお気に入りなのです(円谷怪獣ではツインテール)。
この作品の後にもラドンは何度か映画に登場しますが、いづれもゴジラの引き立て役でわたくしは不満であります。東宝四大怪獣(ゴジラ、ラドン、モスラ、キングギドラ)の中でも地味な扱ひなのです。是非フルCGで新作を作つていただきたい。

吉田誠氏による「大怪獣モスラ」は、原作ではなく映画「モスラ」のノベライズださうです。なるほど、関沢新一氏の完成脚本を忠実に再現してゐます。この吉田氏といふのは、解説の竹内博氏さへ「何一つ情報がない」と述べるほどの謎の人物なのです。「モスラ」といへば、純文学系作家3名(中村真一郎・福永武彦・堀田善衛)を原作に迎へたことで有名ですが、こちらは本書に収録されてゐません。読みたい方は拙ブログに以前登場した『発光妖精とモスラ』で読めます。

最後の「ゴジラVSビオランテ」の原作は、歯科医の小林晋一郎氏が投稿したもの。小林氏は高校生の時にも、円谷プロにシナリオを投稿したことがあり、それが『帰ってきたウルトラマン』の「許されざるいのち」として結実した実績を持ちます。完成作品はかなり改変されてはゐますが、ゴジラ史的にいへば平成VSシリーズのプロトタイプを作つた重要な位置を占めると申せませう。
ゴジラといへば、わたくしも「シン・ゴジラ」を観ました。ゴジラシリーズは「ビオランテ」以降は全て劇場へ足を運んで鑑賞してきたのですが、今回は迷つたのであります。「ファイナルウォーズ」みたいな困つた作品だと嫌だなとか、「シン・ゴジラ」の評判はゴジラ未体験の人が中心で、怪獣映画を見慣れた人からの評価がイマイチだとかで、逡巡したのであります。
そんな時、村井美樹さんが「面白かったー!」とツイートしてゐましたので、それをきつかけに見に行くことにしました。
最寄りの映画館で見られるかと思つたら、其処は以前6スクリーンあつたのが知らぬ間に2スクリーンに縮小されてゐて、「シン・ゴジラ」は上映してゐませんでした。衝撃。
で、次に近い映画館に行つてきました。ちやつかりメンズデイを利用。感想は「KINENOTE」に書きましたのでここでは割愛いたします。ただ、心配したほど酷い出来ではなく、一安心でした。
ぢやあ、また。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/663-798b119c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック