源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
暗闘 尖閣国有化
51ZUztaHnRL__SX349_BO1,204,203,200_

暗闘 尖閣国有化

春原剛【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2015(平成27)年8月発行

現在もなほ続く尖閣周辺の緊張。そのきつかけとなつた2010年の中国漁船による海上保安庁の巡視船衝突事件の勃発から、野田政権が尖閣諸島を国有化するまでの経緯を、ドキュメントで描いてゐます。

漁船の船長を公務執行妨害で勾留したはいいが、その後の中国の猛反発、日本叩き、嫌がらせの数々が予想以上の規模になり、日中関係は最悪の事態となりました。結局、「国益を考へ」船長は釈放されるのですが、この時の世論は「中国の圧力に屈した」「弱腰外交」などと政府の対応を批判する声が多数だつたと思ひます。わたくしもその一人でしたが。
ところが、対応に当つた当時の野田佳彦首相や仙谷由人官房長官、前原誠司国土交通相、玄葉光一郎外相、長島昭久らの側には、いささか違つた風景が見えてゐたのでした......

さうかうするうちに、石原慎太郎なる御仁が、こともあらうに米国ワシントンでの講演にて、東京都が尖閣諸島を買ふと宣言しました。地権者との交渉にも自信満々で、政府がやらぬなら都がやりますと鼻息荒いのでした。しかし買取り後の中国の反発や尖閣沖への領海侵犯の恐れについては、その対策は国家にやつてもらふなどと宣つたのだとか。
国有化を水面下で、目立たぬやうに進めたかつた野田内閣の思惑は、朝日新聞の記事によつて破られてしまひます。案の定中国は国有化させぬやうに表裏で硬軟織り交ぜて動き出したではありませんか。国益上、報道を控へた方が良いニュースもあると存じますが、わが国ではさういふ配慮は全くないやうです。

国有化後の中国の動きに関しては周知の通りであります。この国に少しでも隙を見せると、完膚なきまで日本は叩かれます。自分たちが行つた国家的犯罪まで、「原因は日本にある」と国際社会に喧伝する。中国の正体を知らぬ各国は日本に対して「自制せよ」などと頓珍漢な事をいふ始末であります。かういふ事のないやうに、森本敏氏が主張するごとく粘り強く現状維持を保つていただきたいものです。
日本が実効支配してゐる尖閣で、相手を刺戟する行動をしても百害あって一利なし。いい例が韓国ですね。実効支配してゐる竹島に李明博がわざわざ上陸して以来、韓国は災ひ続きであります。事件、事故、汚職、スキャンダル......そして現在の大混乱。

巻末に長島昭久氏との対談が付されてゐます。「平時のコスト」「有事のリスク」については、我我ももつと考へる必要があるでせう。まだまだ国民的な議論にならないのが残念であります。しかし、米国ではトランプ政権が誕生することになり、嫌でも変化を受け入れざるを得ないかも知れませんね。
......などといふ事を、本書『暗闘 尖閣国有化』を読んでつらつら考へた次第であります。生々しいね。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/671-f8039ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック