源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
「動く大地」の鉄道トンネル
41_4Ny-hRiL__SX310_BO1,204,203,200_

「動く大地」の鉄道トンネル 世紀の難関「丹那」「鍋立山」を掘り抜いた魂

峯﨑淳【著】
交通新聞社(交通新聞社新書)刊
2011(平成23)年10月発行

鉄道を敷設するに当つては、山あり谷あり大河ありで、それらの障害を乗り越える為に橋梁を架け、トンネルを掘ります。
橋梁は建築中の様子がよくわかり注目されます。完成したら乗客は眺望を楽しんだりしてゐます。観光地スポット化する場合もございます。
一方トンネル工事は、一般人の眼に触れることはまづなく、完成して初めて、利用者としてその存在を認識するといふ程度ですな。車窓を愉しんでゐる汽車や電車の乗客は、トンネルに入るとチッと内心舌打ちし、「なんだ、またトンネルかよ」などと心無い事を言ひ放ちます。そんな方に、この『「動く大地」の鉄道トンネル』を読んでいただきたい。

第1章「日本の鉄道トンネル」は概観。日本の地層は諸外国と比較しても複雑なのださうです。どこを掘つても断層だらけで、活断層も少なくありません。いかに地質学が進歩た現在と雖も、トンネルは「掘つてみなければわからない」部分が残るとか。日本は英国などから鉄道技術を学んだ訳ですが、トンネル掘削技術については海外のノウハウはあまり役に立たず、結局日本人自らが切り拓いてきたさうです。

第2章「トンネルの造り方今昔」では、掘削技法の歴史を振り返つてゐます。これほどの工法の種類があるのかと驚きます。地質学の基礎すら知識がない当方としては、専門用語がぽんぽん出てくるので一々理解するのに時間がかかるのであります。わたくしが愚鈍なだけか。

第3章は「丹那トンネル」。日本のみならず世界に目を向けても、「丹那」は最難関クラスのトンネルでした。着手から完成まで16年を費やし、67名もの犠牲者を出した、悲劇の難工事です。わざわざ丹那トンネルに一章を割いてゐるのは、「日本のトンネル工事を知るには、また日本でトンネルを掘る人々を知るには、丹那トンネルの苦闘を知ることが一番」(「はじめに」より)といふ理由ださうです。

第4章では「鍋立山トンネル」の苦難を紹介。海千山千のトンネル堀り達が途方に暮れた、前代未聞の地層でした。こちらは休工期間があるとはいへ、何と22年の年月がかかつてゐます。海外の学者は「掘るべきトンネルではなかつた」と批判しました。しかしそれでも掘らねばならなかつたのであります。

第5章「日本の地質の特徴」では、日本列島の7つの地質体を解説。日本の地質はあまりにあまりに多様で変化に富むため、「地質基準」を策定するのも平成に入つてからと遅くなりました。さらに最新の研究成果を反映させるために、5年ごとに見直すのださうです。

終章は、「思い出のトンネル屋たち」。著者が忘れ得ないトンネル技術者たちを四名紹介してゐます。いづれも人間的魅力に満ちた、責任感ある人たちですが、決してトンネル屋の代表選手といふ訳ではなく、その誠実な生き方に著者は感動したのだと言ひます。

鉄道トンネルについて理解を深めるには良い入門書だと存じます。現在リニア中央新幹線でも、南アルプスを貫くトンネルの工事が始まりました。ここでも難工事が予想されてゐます。リニアはトンネルばかりで車窓が愉しめないだらうと文句を言ふ人が多いですが、本書を読んでトンネル屋の辛苦を少しでも知れば、乗車中に列車がトンネルに入つた時、今までとは違ふ気分で過せるでありませう。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/672-cbbe3ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック