源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
国鉄を葬る人たちへの手紙
100000009001615415_10204.jpg

国鉄を葬る人たちへの手紙 妻と子どもは訴える

人材活用センター全国連絡会【編】
教育史料出版会刊
1987(昭和62)年3月発行

先達ての『国鉄再建はこうなる』は、分割民営化推進の立場からの書物でしたが、こちらはそれを阻止したい国労の面面(の家族)の視点から刊行された一冊。
元元分割民営化の目的は国労つぶしにあると言はれ、のちに中曽根康弘元首相も認めてゐるさうです。国鉄問題=組合問題と言つても過言ではなかつたと申せませう。

国鉄改革で、最終的に4万を超える余剰人員が出ると試算され、その対象になつた人たちは、約80パーセントが国労であつたといふことです。悪評高い「人材活用センター」なる組織に異動させられ、仕事を取り上げられる。そして三年のうちに再就職を迫られるのであります。
まあ世間一般では当時、国鉄に対する同情も薄く、「まあ已むをえないよね」みたいな空気でしたが、実際に首切りにあふ本人はともかく、その家族は「なぜ?」と疑問に思ふことでせう。うちのお父ちやんは国鉄の為に一所懸命働いてきたのに、何も悪いことをしてゐないのに、どうして首切りにあふの? 

大ナタを振るふのはいいが、その方法が禍根を残したと申せませう。最終的に「人材活用センター」に配属されたのは2万1000人、全国1440箇所に設けられました。で、そこで何をやるかといふと、草むしりとか空き缶拾ひ、レールの文鎮作りなどをさせられてゐたとか。
文中で本人たちも述べるてゐるやうに、草むしりも必要な仕事で、それを卑しめる訳ではありません。しかしそれらの作業をさせる当局の目的は、それまで専門職として技術を身に付けその仕事に誇りを持つてゐた人たちの、人間としての尊厳といふかプライドをずたずたに引き裂き、自主退職へと追ひ込む事であります。

人権無視として国際的にも問題となり、最終的に「人材活用センター」は廃止されるのですが、実はより巧妙な形でそれは生き残つてゐました。何より「人材活用センター」は、その後の「日勤教育」や、民間企業における「追出し部屋」などのはしりとなつたと指摘されてをります。それが事実ならば、まことに罪深い存在であつたと申せませう。

度重なる運賃値上げ、たるんだ事故の続発、利用者無視のスト、客扱ひの対応のひどさ......「国鉄憎し」の大合唱の中で、孤独な戦ひを続けた人々のルポルタージュであります。粛々と国鉄改革が進む中、妻や子供たちがいかに奮闘してゐたのかを知るのも、悪いことではありますまい。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/693-ebbbbfac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック