源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
国鉄再建はこうなる
17190736_1843022305947193_324289225659846065_n.jpg

国鉄再建はこうなる

加藤寛【著】
ダイヤモンド社刊
1985(昭和60)年10月発行

1987(昭和62)年4月1日、日本国有鉄道はその歴史を終へ、JRグループへと移行しました。今年は丁度30周年といふことになります。
30年を機に、当時の雰囲気を伝へる書物をいくつか読んでをります。この『国鉄再建はこうなる』もその一つ。著者は、第二次臨調(土光臨調)の主要メムバアだつた加藤寛氏。カトカンですな。
従つて当然、国鉄の分割民営化については推進すべしとの立場であります。

序章「国鉄はなぜ改革しなくてはならないか」と終章「新生国鉄が未来を拓く」が概論にあたり、真ん中の第一章から第三章はQ&A形式で、想定される疑問や質問に答へてゐます。
膨れ上がる国鉄の赤字が大問題になつてゐました。公共性を盾に、赤字線を造り続け、毎年二万人を超える大量採用を止めず、安全の為と称して人員整理も出来ず、どうせ親方日の丸さ、何とかなるよとやつてきたが、結局何ともならず崩壊したのであります。

加藤氏が語る分割民営化の姿は、既に完成されたものに近いやうです。分社化された各会社の概要や、その株式の保有方式、三島会社の扱ひ、余剰人員の振り分けなど、ソフトな語り口で素人に分かりやすく解説してくれます。
まあ、もう決まつた事ですから、少々気になる事があつても目を瞑りませう、てな感じも少ししますが。
例へば組合問題はほとんど語られません。そもそも分割民営化は国労つぶしだと言はれてゐました。ここでは余剰人員9万3000人のうち、最終的に辞めてもらふ人は4万1000人としてゐます。この人たちは、三年のうちに再就職先を決めていただくと。
「単なる首切りではないのです」と著者は言ひますが、のちの「人材活用センター」の実態を見れば、単なる首切り以上に残酷な事が行われてゐたのですねえ。無論この時点で著者はそれを想定してはゐなかつたでせうが。

30年といへば、ある歴史的事件に対して、一定の評価を下せる期間だと申せませう。本書ではその立場上、バラ色の未来を描かざるを得ない面もありますが、現代の我我が分割民営化が成功であつたか否かの判断を下せる材料を示してゐるのではないでせうか。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/695-a5a9b1a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック