源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
塩狩峠
51yxpI2H8xL__SX349_BO1,204,203,200_

塩狩峠

三浦綾子【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1973(昭和48)年5月発行

永野信夫くんは、厳格な祖母と温厚な父と一緒に暮してゐました。母親は信夫を生んですぐに亡くなつたと聞かされてゐます。やがて、思ひがけなく祖母が急死し、同時に見知らぬ女性と女の子が家にやつてきました。実の母と妹であります。
実は母はクリスト教徒で、ヤソを嫌ふ祖母に家から追ひ出されてゐたのでした。信仰を捨てる事は出来ず、夫と息子との別居生活を選んだのであります。しかしその祖母が急逝したため、戻つて来た訳ですな。

祖母の影響もあつて、信夫は中中クリスト教に馴染むことができません。食事の時、父・母・妹がお祈りをするのに、自分だけしないので、疎外感を抱いたりします。しかし、成長するに従ひ、様々な人たちとの出会ひもあつて、クリスト教への抵抗感は徐々に薄れていくやうに見えました。

友人吉川の後を追ふやうに、信夫は北海道へ渡ります。鉄道職員として活躍する一方、吉川の妹ふじ子への愛情を募らせるのであります。上司から娘を貰つてくれと頼まれ断るのですが、それをきつかけに、ふじ子を愛してゐたことを認識するのです。病弱だつたふじ子ですが、信夫の看病の甲斐もあり病状は好転し、二人は結納の日取りを決める段階まできたのですが、運命は残酷でありました......

クリスト教徒向けの雑誌に連載されたこともあり、初めて読んだ時には「クリスト教の宣伝小説かな」と思つたものです。祖母がいかにも愚かしく悪い存在に書かれてゐるやうな気がして、それも違和感があつたのです。
しかし再読しますと、畢竟人は如何に生きるかを問ふ物語だと感じた次第であります。信仰はひとつの道具とでも言ひますか。まあわたくしは、自分に危害を加へる人物の事を「彼をお許しください」などとは思はないし、右の頬を打たれたら左を差し出す度量もございませんがね。

モデルとなつた長野政雄氏の自己犠牲は、信仰の為の結果かどうかは分かりませんが、これはノンフィクションではなく、あくまでも実際の事件を基にした純然たる小説であります。長野氏の死を美化するなといふ批判があるさうですが、自殺説、操作ミス説、覚悟の死説のいづれが事実であるにせよ、警察の捜査ではないのですから、小説の設定は作者に委ねられて当然と申せませう。

感動する人は感動するし、辟易する人はやはり辟易する。人付き合ひも読書も同様ですな。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/696-afd80652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック