源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄
51_006sW-LL__SX302_BO1,204,203,200_

怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄

中島春雄【著】
洋泉社(洋泉社新書y)刊
2014(平成26)年8月発行

いはゆる新書といふものは、書下ろしで出版されるのが普通かと存じますが、本書『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』の場合はさうではなく、既に同社から単行本として発表されてゐたものを、一部加筆の上、廉価な新書版として再登場したものであります。これは有難い。
もつとも洋泉社新書yでは以前にも、宮脇俊三著『ローカルバスの終点へ』といふ前例がありましたがね(この場合はJTB単行本⇒新潮文庫⇒洋泉社新書yといふ順番)。

中島春雄氏といへば、東宝の大部屋俳優でしたが、何より怪獣映画のスーツアクタアとして海外でも有名な人。1954(昭和29)年の「ゴジラ」第一作以来、1972(昭和47)年の「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」で引退するまで、怪獣のぬいぐるみの中に入り続けた鉄人であります。その彼が、自らの半生とゴジラとの関りを語つたのですから、痛快の極みだなむ。

円谷英二特技監督に請はれてゴジラの中に入つたのですが、当時のぬいぐるみの重さは150kgもあつたさうです。とても動けるものぢやない。しかし大部屋俳優にとつて、キツイ仕事ほどお金になるのでオイシイ。「できません」などと言へば忽ち外され、代役を立てられるだけであります。持ち前の怪力と若さで乗り切つたのでした。

むろんスタッフたちの努力もあり、中島氏の意見を参考にぬいぐるみは徐々に改善されていきます。遂には1965(昭和40)年の「怪獣大戦争」において、イヤミのギャグ「シェー」をぬいぐるみのまま演じるまでになりました。この「シェー」については賛否あり(まあ「否」が圧倒的に多いのですが)、中島氏も嫌々演じてゐるのだらうな、などと思つてゐました。しかし本書によれば、全ての事情を納得づくで芝居をしてゐたのであります。素晴らしいプロ根性と申しますか。

前述のごとく、中島氏は「ガイガン」を最後に現役引退しました。次作の「ゴジラ対メガロ」では、当然別の人がゴジラのぬいぐるみに入つてゐます。当時わたくしは子供でしたが、親に連れられて劇場で観てゐます。子供心に、「何だか今回のゴジラは動きが雑だなあ」とか「いかにも中に人がゐますといふ演技だなあ」と感じてゐました。むろんスーツアクタアが交代したなんてことは知りませんでした。つまり、子供が見ても違ひの分かるほど、中島氏のゴジラは完成されてゐたのだと申せませう。

円谷英二らと共に「ゴジラ」を創り上げてきたのだといふ自負からか、後進に対しては厳しい指摘をしてゐます。結局みんな、意識しなくても「中島春雄」を真似てしまつてゐるといふのです。中島氏のあの躍動感溢れる動きは、当然中島氏だから実現するのであつて、別の人が演じるなら、その人に一番相応しい動きがある筈だといふことでせう。それを模索する努力もなく、漫然と中島ゴジラを真似てゐてはダメだと。
流石に世界中からリスペクトされる中島氏、凡人とは一味も二味も違ひますなあ。爽快なる一冊でございます。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/698-81b50aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック