源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
大尉の娘
18671133_1877776649138425_8950546555537028665_n.jpg

大尉の娘

アレクサンドル・プーシキン【著】
中村白葉【訳】
新潮社(新潮文庫)刊
1954(昭和29)年8月発行



ロシアでは他国に比して、文学の近代化が遅れてゐました。後の豊穣なるロシア文学世界を思ふと、意外な感じがします。
そんな中で、ロシア近代文学の祖とも呼ばれるのがプーシキンであり、その代表作が本書『大尉の娘』といふ訳。
歴史上の事件である「プガチョフの乱」(本書の表記では「プガチョーフ」)を背景に物語が進みます。世界史の授業中に居眠りをしてゐた人でも、その名前くらゐは覚えてゐるのではないでせうか。

主人公はピョートル・アンドレーイチ・グリニョフなる、少年から青年への成長期の若者。名が長すぎるので、わたくしは読みながら脳内で、勝手に「安藤玲一」などと読み替へてゐました。
この人に限らず、登場人物の名が長いので、覚えるのに一苦労であります。しかも会話文でさへ、「アヴドーチヤ・ワシーリエヴナ、ペトルーシャは幾つだつたかな?」などと、夫が妻に自分たちの息子の年齢を確認するだけでこんな調子なので、読み慣れないと頭がくらくらします。

そのグリニョフの父は、息子を士官として一人立ちさせんが為に、態々辺境の要塞に派遣させます。そこで出逢つたのが、「大尉の娘」マーシャことマーリヤ・イヴァーナヴナ・ミローナヴァであります。
二人は恋仲となりますが、結婚の許可を父に手紙で願い出たところ、「許さん」との返事。落ち込む二人でしたが、そんな中、コサックたちの反乱がこの要塞にも累を及ぼすことになります。所謂「プガチョーフの乱」であります。
コサックの頭領・プガチョーフは破壊、略奪、虐殺の限りを尽くし、若い二人の運命もこれまでかと思はれましたが......

いやいや、面白い。文学史的にも重要な作品なのでせうが、そんなことは忘れていいです。立志・恋愛・友情・対立・悲劇・活劇と全ての要素が詰まつた、感動的物語であります。古典作品も侮れません。
ところで、本書はわたくしが学生時代に購買したものですが、どうやら現在は絶版で、岩波文庫版(神西清訳)が入手容易らしい。しかしながらこの中村白葉訳も捨てがたいので、あへて新潮文庫版を挙げておきます。いささか古風で、促音も廃した表記ですがね。

蛇足ながら、忠実なる部下のアルヒープ・サヴェーリイチは、東映時代劇の堺駿二を連想させました。どうでもいいですが。



ロングセラアのお菓子「カール」が、東日本では発売を取りやめるとしてニュウスになりました。その境目は中部地方と近畿地方の境界線かと思つたら、三重県も「東日本」に含まれてゐました。近畿地方を名乗りながら、ちやつかり「東海三県」の一員になる三重県。関西圏からすると、「普段名古屋の方ばかり顔を向けてゐる報ひだ、はッはッは」といふところでせうか。
たつた今近所のスーパーにて「カール」売場を確認したら、見事に全種類が売切れで、棚がすつからかんでした。同じことを皆考へるやうで、「ああ、売切れだねえ」と嘆く人たちが群がり、幼児を連れた若いお母さんも「カール売切れだよ、もう、前買つたのはお父さんが全部食べちやつたからねえ」と残念がつてゐました。カールを求めて人々は西へ、となるのでせうか。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/707-2d11dc06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック