源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
汽車旅放浪記
51FOcq9uq4L__SX351_BO1,204,203,200_

汽車旅放浪記

関川夏央【著】
中央公論新社(中公文庫)刊
2016(平成28)年10月発行



関川夏央氏もテツであつた! さういへば原武史氏や酒井順子氏らと汽車旅の本を出してゐましたなあ。迂闊な事でした。
書名から、著者があちこちとテツ旅をする一冊かと思ふところですが、さにあらず。
文学史に名を残す作家たちが、その作品中でいかに鉄道を扱つたか、いかなる汽車旅をしたのかを探り、その旅を追体験してみやうといふ試みですかな。

登場する主な作家は、以下の通り。
高村光太郎・川端康成・坂口安吾・志賀直哉・上林暁・岩野泡鳴・葛西善蔵・中野重治・山本周五郎・松本清張・林芙美子・太宰治・宮沢賢治・宮脇俊三・夏目漱石・内田百閒。
特に宮脇俊三に関しては、一章丸ごと充てるなどして、かなりの熱の入れやうです。『時刻表昭和史』における、今泉駅での終戦体験について熱く語る。確かに名著の誉れ高い同著の中でも、もつとも感動を呼ぶ場面でした。堂々たる「宮脇俊三論」となつてゐます。

漱石は汽車嫌ひだつたと繰り返し述べてゐます。本人もさういふ旨の発言をしてゐるさうです。しかし作品中にはやたらと汽車が登場するのです。描写も的確で、さすがに良く観察してゐると感心するのです。
漱石は猫嫌ひか否かとの論争もありますが、同時に鉄道嫌ひかどうかも専門家の間で論じていただきたい。『坊っちゃん』や『三四郎』などにおいては特に、汽車が重要な役割を果たします。さうさう、『それから』のラストシーンでも、代助が電車に乗りながら周囲が真赤に染まるといふ印象的な場面がありました。内心、実は鉄道好きではないのかと思はせるのです。

書名から、テツ向けの内容かと勘違ひする向きがあるかも知れませんが、本書は鉄道情報を提供する書物ではありません。鉄道をダシにして文学を語るエッセイといふ感じでせうか。まことに愉快な一冊であります。ただし文学趣味の無い人が読むとツマラナイかも知れません。
(ところで、JR西の路線「三江線」は、「さんごうせん」と態々フリガナを振つてゐますが、これは「さんこうせん」でせうね。江津や江川の連想から「さんごうせん」だと思つたのでせうか)



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/708-e8e8a4da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック