源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
辛酸
41Bdfg27kqL__SX353_BO1,204,203,200_

辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件

城山三郎【著】
KADOKAWA(角川文庫)刊
1979(昭和54)年5月発行



城山三郎氏が世を去つて丁度十年が経過しました。今わたくしは「城山三郎氏」と書きましたが、本来物故者には敬称を略すものでせうね。
亡くなつたばかりの人、例へば今なら野際陽子さんとかなら、死んだからと言つて忽ち呼び捨てにすることは気が引ける。故・吉沢典男氏は(ここでも「氏」を付けちやふけど)、たとへ対象となる人が尊敬すべき人でも、その死後長い年月を経た歴史上の人物の場合は、敬語を用ゐることはしないのがルールである、と語つてゐました。
十年といふのは、「長い年月」なのか、城山氏は「歴史上の人物」なのか、どうなのでせうか。

まあそれはどうでもいい。ここでは『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件』を選びました。田中正造といへば、足尾銅山の開発によつて齎された公害を訴へた人。もと衆議院議員でしたが、その職を投げ出し、足尾の公害問題に生涯をささげました。運動には私財を投じ、死亡時にはほぼ無一文であつたさうです。
田中の評伝を書くなら、その生ひ立ちから、華華しい議員時代の活躍ぶりを活写したいところですが、城山氏はさうはしませんでした。

二部構成で、第一部「辛酸」では、既に議員を辞職した後、「谷中村」で苦闘する姿で登場します。国は渡良瀬川を中心とする公害について、企業の責任を認めず、それどころか渡良瀬川の貯水池を強引に作り、谷中村を無理矢理消滅させます。一部村民は谷中に残り、田中も共闘するのですが、権力の前には無力でした。
第二部「騒動」は、田中亡きあとの、村民たちの悲しい戦ひぶりが展開されます。谷中残留民のひとりである宗三郎くんが実質的な主人公となり、妥協を迫る官憲や寝返つた元村民、弁護士たちの圧力に抗ふのですが......

国は谷中を強制的に廃村にせんと、住民が残つてゐるにも拘らず村民たちの家屋などを破壊し、あまつさへその費用まで負担を村民に要求するといふ無茶苦茶ぶりであります。
足尾の銅山が公害の原因だと認めると、経済的に打撃になるので、目を瞑つたのですね。さういへば志賀直哉が父親と不仲になつた原因も足尾銅山だつたつけ。

本書を読んで、いやあ明治大正は何といふ封建的で野蛮な時代であつたことよ、と思ふかも知れませんが、多分その流れは現代も続いてゐますね。環境よりも経済を優先させ、実業人を太らせる政策。中国はそれが極端に進められ、かつての日本を上回る公害大国になつてゐます。米国のトランプなる御仁も、未だに環境と経済は対立するものといふ旧来の概念に囚はれて、時代に逆行した政策を打ち出してゐます。わが日本の原発政策なども、まさに同様の問題ですな。
かかる古くて新しい課題を、1961(昭和36)年といふ時代に提示した城山氏の慧眼も注目の、感動の一作と申せませう。

ところで、長らく貨物輸送を担つた国鉄足尾線は、現在第三セクターの「わたらせ渓谷鐵道」として生れ変り、トロッコ列車を走らせるなど観光客を集めてゐます。ここを訪れる皆様は、少しだけ田中正造と鉱毒事件に思ひを馳せていただきたいと存ずるものであります。
ぢや、おやすみ。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/709-6afd2c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック