源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
新幹線、国道1号を走る
41AhGCzm_QL__SX298_BO1,204,203,200_

新幹線、国道1号を走る
N700系陸送を支える男達の哲学


梅原淳/東良美季【著】
交通新聞社(交通新聞社新書)刊
2009(平成21)年10月発行


車両工場で製造された新幹線電車がJRの工場まで輸送される手段として、実は一般公道を利用して陸送される、といふのは、現在では知る人も多いでせう。テレビの特番でも何度か紹介されてゐます。
在来線の車両ならば、引込線を駆使してそのまま本線上を走ればいいのですが、新幹線の場合、軌道の幅が違ふのでそれは出来ません。で、結局コストその他の条件を勘案した結果、陸路での輸送が選ばれた訳であります。

本書『新幹線、国道1号を走る』では、愛知県豊川市の「日本車輛製造豊川製作所」から、静岡県浜松市の「JR東海浜松工場」までの行程を辿るドキュメントであります。運ばれる車両は取材当時最新鋭の新幹線電車・N700系。請け負ふのは日本通運の精鋭部隊。
第1章ではそのN700系が如何なる車両なのかを紹介してゐます。少し恥かしいくらゐの絶賛ぶりで、まるでJR東海のPR記事みたいです。ま、事実は事実なのでせうが。

第2章では陸送するにあたつての計画といふか、手続きの数々ですね。何しろ一般的に道路交通法では運べない代物であります。
まづ通行ルートの選定のため、道路の測量があります。障害物が有れば事前に対応。背の低い歩道橋を壊し、新幹線を運ぶトレーラーが通れる高さまでの歩道橋に作り直した事もあるさうです。
そして通行許可を得るために、国(国土交通省)や各自治体、愛知・静岡各県警と公安委員会などへの認可申請。まことに大変なのであります。

第3章では実際に陸送を担当する日本通運のメムバアを紹介。皆カッコイイぞ。
第4章で、いよいよ陸送開始。一晩に2両づつしか運べないさうで、16両編成のN700系だと8日に分けての作業となります。これは大変だ。ゆゑにスタッフはしばらく現地のホテル住まひです。

一般道を利用する訳なので、なるべく交通量の少ない深夜(午前一時)に出発します。陸送計画は公表される訳でもないのに、どこからか情報を聞きつけた人たちが蝟集します。まあ野次馬ですな。
編成は、先導者・トレーラー(N700系)・後導車・後方警戒車。幾つかの難関交差点が存在し、野次馬にとつては、最大の見所となります。もちろん経路についても公表されませんが、超大型トレーラーが通れる道となれば大体限定されるので、まあ分かる人には分かるのでせう。

交差点を曲がる時は当然前後左右が通行止めになり、トレーラー前面には舵切りオペレーターとその助手が陣取り、各角に交差点誘導員が控へる。そして輸送指揮者が監督します。彼らの協力を基に、腕利きのヴェテラン運転手が腕を振るふ。接触して傷をつけるなどは以ての外。何度も切り返し切り返し、すれすれに交差点を通過した瞬間には、ギャラリーから拍手が起きるさうです。気持ちは分かりますね。何となく一体感を持つのでせう。

素人考へでは、毎回こんな費用のかかる輸送をするより、新幹線サイズの軌道を新たに建設したらどうかと思ひますが、さうしないといふことは、最終的にこの方式がコストが低いのでせうね。官憲が指揮を執る訳ではなく、利潤を追究する私企業ですので、その辺はシヴィアに考へてゐる筈ですね。

梅原淳氏と東良美季氏の共著となつてゐますが、その執筆分担が記載されてゐません。さういふ点はしつかり記していただきたいと存じます。とはいへ、テツ以外の人も興味深く読める一冊と申せませう。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/720-34a71eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック