源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
蟻の兵隊
蟻の兵隊―日本兵2600人山西省残留の真相 (新潮文庫)蟻の兵隊―日本兵2600人山西省残留の真相 (新潮文庫)
(2010/07/28)
池谷 薫

商品詳細を見る

蟻の兵隊―日本兵2600人山西省残留の真相
池谷薫【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2010(平成22)年7月発行


1945(昭和20)年8月15日に、日本はポツダム宣言を受諾し終戦となりました。
しかし終戦後も戦闘は行はれ、戦死した日本兵も数多くゐると言ひます。
中国山西省に残留した日本兵も、結果3年以上も当地に留まり約550名が命を落したのださうです。
彼らは蟻の兵隊と呼ばれ、当時山西省を牛耳つてゐた閻錫山なる軍人が、中国共産党(八路軍)との戦ひに利用せんと残留させたのであります。

むろんさういふ行動はポツダム宣言に抵触するので、兵隊を納得させるための大義名分を掲げ、説得工作にあたるのでした。さうでなければ、誰がわざわざ残留するでせうか。日本へ帰りたいのは、皆同じであります。
即ち、自発的に残つたのではなく、命令を受けて残留したのはまぎれもない事実と申せませう。

結果、敗色濃く、投降して中共軍の捕虜となり、抑留生活を強ひられる兵隊が約700名にのぼると言はれてゐます。
日本に帰ることが出来たのは昭和30年頃まで待たねばなりませんでした。

で、日本へ帰つてみれば、何と自分たちは逃亡兵扱ひされてゐるではありませんか。自らの意思で残留したのだと。日本政府の扱ひとしては、勝手に残つた奴に戦後補償を認める訳にはいかん、と。踏んだり蹴つたりとは正にかういふことを差すのでせう。

著者の池谷薫氏は、この問題をまづ映像作品として世に問ひました。しかし2時間足らずの映画で、全貌を伝へることの限界を感じた氏は、改めて本書を発表したのであります。
いまだ未解決の問題として、著者が世間に訴へる力作ノンフィクションと申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/95-281f462c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック