源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて
徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて
(2012/10/30)
川島 令三

商品詳細を見る

徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて
川島令三【著】
廣済堂出版刊
2012(平成24)年12月発行


川島氏はこれまでにも、リニア中央新幹線について各所で展望を述べたり、また問題点などを指摘してをりますが、今回は初めて丸ごと一冊リニアについて詳説してゐるといふのが違ふところですね。

序盤でリニアの概要、歴史について手際よくまとめ、中盤以降で得意の想定時刻表や需要予測、さらに将来の展望や問題点まで展開します。
名古屋先行開業時にどれほどの乗客が見込まれるのか、未知数なので色色な人が勝手に予測してゐますね。「そもそもリニアはまつたく必要なし」と断じる専門家(?)もゐて面白いのですが、それは分からんでせう。

あの「夢の超特急」東海道新幹線も開業前はその効用について疑問視されてゐたさうです。これからは航空機の時代だぜ、とか、マイカーブウムが定着したら誰も鉄道なんかに乗らないよ、世紀の無駄遣ひだ、なんてね。
しかし新幹線は大成功を収め、海外にも技術を輸出するほどに成長したのは周知の通りであります。

とはいへ、やはり名古屋暫定開業では、効果も限定的と思はれます。新大阪開業2045年はいかにも時間がかかりすぎと申せませう。リニアについては、わたくしが子供の時代から、実用化の話は出てゐました。しかし実験ばかりしてゐて中中話は進まない。さらに32年(大阪開業まで)かかるとは、絶望的に遅いですね...わたくしは多分死んでゐるでせう。

ま、個人的な話はともかく、川島氏の筆致はますますソフトになつてきてゐる印象です。従来の「川島節」が鼻につくといふ人も、本書は抵抗なく読めるのでは。免疫のない人も大丈夫。と思ふ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://genjigawa.blog.fc2.com/tb.php/99-2f473fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック