源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
〈図解〉配線で解く「鉄道の不思議」 東海道ライン編
51b2nFNObUL__SX342_BO1,204,203,200_

〈図解〉配線で解く「鉄道の不思議」

東海道ライン編


川島令三【著】
講談社(講談社+α文庫)刊
2012(平成24)年12月発行



おやこんなシリーズがあつたのかと手に取る。実は「【図説】日本の鉄道」シリーズ」(あのB5の薄い本のシリーズだよ、と言つても分からないか)の別冊を書籍化したものださうです。更にそれを文庫化したのが本書であります。同シリーズを所持する人にとつては紛らわしい一冊ですが、わたくしは購買してゐませんでしたので幸いでした。
第一弾として発表されたのが本書「東海道ライン編」。東海道ラインといふ呼称は著者・川島氏の造語だとか。色々と言葉を創り出す人ですなあ。

3章構成であります。第1章は「駅と配線のミステリー」。東海道を謳ひながら、冒頭に「上野-秋葉原間1.6kmに隠された謎」を持つてきたのは絶妙であります。かういふ書物は、まづ首都圏の読者を惹きつけねばなりません。わたくし自身も秋葉原駅の歴史については無知でした。何しろテツではないのでね。
因みに「愛知の鉄道・舞台裏」「名岐の鉄道」については、地元民だけあつて、わたくしには承知済みの事項でした。

第2章は「知られざる鉄道史」。「東京駅の変遷」「横浜と鉄道」はまさに、日本の鉄道の発祥そのものと申せませう。個人的には「生駒山の壁」が興味深く読めました。近鉄各線が最短距離を通らず、不自然な線形をしてゐる理由が分からうといふものです。

第3章は「配線図を楽しむ 絶景・名所クローズアップ」。「配線図」をダシにした観光案内ですかな。豊橋駅のホテルアソシアからのトレインヴューを紹介するあたりは、流石に川島氏であります。本当に絶景、といふかテツにとつてはいつまでも見飽きない光景なのであります。

講談社の〈図解〉シリーズは、その名に反してあまり図解が目立たぬ本が多かつたのですが、この配線シリーズは文字通り「図解」が活躍し、その名に恥ぢぬ内容であります。カラー頁が多いのもいい。本書の後、「山陽・山陰ライン」「中部ライン」と続き、どうやら配線シリーズで全国制覇するつもりらしい。それも結構ですが、肝心の「大研究」シリーズを早く完結して頂きたいとも思想するわたくしでした。


鉄道地図は謎だらけ
51Lc04iRSOL__SX349_BO1,204,203,200_

鉄道地図は謎だらけ

所澤秀樹【著】
光文社(知恵の森文庫)刊
2013(平成25)年4月発行

わたくしが所持するのは光文社新書版ですが、その後文庫化されたやうですので、ここではそちらを挙げておきます。昔中公新書が文庫化されたりとかはありましたが、本来新書の文庫化といふのは異例なことでした。わたくしも好きではありませんが、まあ仕方がない。

地図といふものは、いつまで眺めてゐても飽きませんね。わたくしも幼少時より、暇があれば地図を読み耽つてゐました。小学生の時分は、給食の時間にいつも地図を広げてゐて、至福のひと時だつたなあ。
同時に時刻表の索引地図も愉快であります。著者は「(鉄道地図を)眺めているとだんだん地図に描かれた地域が、我が領土のように思えてくる」と述べてゐます。丸谷才一氏ふうに言へば「帝国主義的愉しみ」ですかな。

さうして鉄道地図を備にチェックしてゐると、不思議な現象が色々と見つかります。なぜこの路線は不自然に大迂回して遠回りをするのか。なぜこの一区間だけ会社名が違ふのか。同じ位置にある駅なのに、なぜ駅名が違ふのか。
所澤秀樹著『鉄道地図は謎だらけ』ではかういふ疑問に、所澤秀樹氏が懇切丁寧に、即ちメイニアックに答へてくれます。

第一幕の「鉄道地図、七不思議の怪」は、まあ割と他の類書でも紹介される内容です。ドラゴンレール大船渡線とか、土讃線・予土線に挟まれた土佐くろしお鉄道とか。しかしかかる(所澤秀樹氏はこの「かかる」をやたらと多用します)不恰好な路線は、今後「整備新幹線」が開通するにつれて、ますます増えるでせう。既に信越本線・東北本線・鹿児島本線・北陸本線・函館本線などで無残な姿を晒してゐます。

第二幕の「全国津々浦々、「境目」の謎」では文字通り会社間の「境界」について述べてゐます。特に貨物関係はわたくしも知らぬことが多いのです。テツぢやないですからね。一般の読者は付いて行けるのでせうか。

第三幕は「特選 鉄道地図「珍」名所八景」。著者が選んだ珍名所を解説。いづれの「名所」も承知済みですが、最後の第八景は知らぬ事実が結構ありました。わたくし、元元東武関係はちよつと弱いものですから。

所澤氏の著書に慣れてゐない人は、その諧謔調に戸惑ふかも知れませんが、この人は真面目な硬い評論(例へば『国鉄の戦後がわかる本』とか)を書いても、どこか軽いユウモワを交へてゐますので、藝風なのですね。まあ、N・T氏のワルノリぶりに比べたら好感が持てるのではないかと。
旅のお伴に、肩の凝らない一冊と申せませう。

国鉄/JR 列車編成の謎を解く
41kvgRSgcYL__SX298_BO1,204,203,200_

国鉄/JR 列車編成の謎を解く 
編成から見た鉄道の不思議と疑問


佐藤正樹【著】
交通新聞社(交通新聞社新書)刊
2010(平成22)年10月発行

列車編成の謎とは何ぞや。専門的な内容なのかと思つて手に取ると、一般的な車両編成の概説書みたいなものでした。書名の付け方に一考を要するかと存じます。

内容を概観しますと......まづ第一章は「歴史から見た旅客列車の編成事情」。
日本の鉄道誕生から、車両編成の変遷をざつと紹介しますが、即ち動力の近代化とも申せませう。機関車が牽引する「客車」、無煙化を実現し動力を各車に分散した「電車」、地方ローカル鉄道に革命をもたらした「気動車」、それぞれの特性が、いかに歴史の要請に従ひ登場し、消えて行つたかを説明してゐます。
ところで、わたくしが所持する本書では、ヘッダ部分に章のタイトル(ここでは前述の「歴史から見た旅客列車の編成事情」)が記載されてゐるのですが、最終ペイジ(37ペイジ)のみ「第一章 さいはての植民軌道」となつてゐます。これは、同じ交通新聞社新書の『幻の北海道殖民軌道を訪ねる』のヘッダが紛れ込んだのですね。

続く第二章は「編成の素朴な疑問」。運転士が先頭車両に乗つてゐる理由、車掌が最後尾の車両に乗る理由、最近のローカル線が短編成の理由(国鉄時代は実に無駄に多くの車両をつないでゐました)、新幹線が16両になつた理由、寝台車が編成の端に連結されてゐた理由など、まあ普通の人なら疑問にさへ思はぬであらう事象が解説されてゐます。

更に第三章「編成の不思議」では、「なぜ○○は△△なのか」みたいな、まるで第二章の続きかと思ふやうな話題が満載です。電車と気動車の協調運転の比喩に、手を繋ぐ恋人同士を持ち出すのはどうかと勘考する次第です。

第四章になりますと、「編成のジレンマ」なるタイトルで、例へば多客時に連結車両を増やしたいが、勾配の制限があるためままならぬとかの話が紹介されてゐます。碓氷峠を渡る特急「あさま」(もちろん現在の新幹線ではない)も、最大8両連結といふ制限があつたため、食堂車を泣く泣く編成から外すといふこともありました。
ところで、急行「赤倉」の冷房の話は、うんうんさうだつたなあと頷きながら読みました。冷房装置があるのに(元元ない車両も連結されてゐたが)発電機が未発達のため、自由席の乗客が泣きをみるといふ急行列車。特別料金を徴取する急行で、冷房が無いなど現在では考へられませんが。
因みに急行赤倉は、かつて名古屋から新潟までを走つてゐたロングラン急行。キハ58系気動車の堂々たる12両編成(らしいですね。わたくしの記憶では最大13両繋いでゐたやうに思つたが、記憶違ひか)で運転されてゐました。

最後の第五章「知っていると自慢できる編成の予備知識」では、車両に付されてゐる記号や数字などを解説してゐます。あのキハとかモハとかサロとかいふやつですね。最近は特段のテツではない人にも認知されつつあるやうです。わたくしは無論、テツではありませんがね。
ところで、新幹線の形式ですが、本来0系の次は1系となる筈が、実際には三桁の100系になつた為、続く新車も200系・300系と倣つたと聞いてゐますが、どうなんですかね。現在のJR東は、E1系、E2系......と「E」は付されてゐますが一桁となり、これを「本来の姿に戻つた」と述べる人もゐるのですが。その辺を語つていただきたかつた喃。

冒頭述べたやうに、特段の謎はなく、列車編成に纏はるあれこれ読物と申せませう。内容自体は中中楽しいので、書名で損をしてゐますね。もつとも、新書のタイトルは編集部が命名するケースが多いとも聞きますが......



731
51WBrZRl-jL__SX348_BO1,204,203,200_

731 石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く

青木冨貴子【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2008(平成20)年1月発行

731部隊。第二次大戦中に帝国陸軍が満州にて展開した細菌戦部隊であります。表向きは防疫給水を目的とした研究機関ですが、その内実は生物兵器を開発する組織だといふことです。
創設・指揮したのは陸軍の軍医であつた石井四郎。ノモンハン事件で功績を挙げ、部隊内での地位を向上させたとされる人物であります。

本書『731 石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』は、タイトル通り731部隊と石井四郎の謎に迫つた、青木冨貴子氏によるノンフィクション。『ライカでグッドバイ』の人ですな。
読み始める前は、細菌戦部隊とか人体実験とか、或は人間モルモット(「マルタ」なる符牒で呼称してゐたさうです)だとか、おぞましい話が再現されるかと戦き構へてゐました。しかし著者の狙ひは、違ふところにあつたのです。

石井四郎直筆のノートが二冊見つかつたとの連絡が入り、著者は早速石井の郷里である千葉県芝山町へ向かひます。随分興奮気味であります。ノートを手に入れた時の著者の高揚ぶりが伝はつてくるのです。
何しろ今まで世に出なかつた石井直筆ノートですからねえ。新事実の発見や、これまでの定説を覆す記述とかがあるかも知れぬと思ふだけで、ジャーナリストとしては平静を保つのは難しいのでせう。

二冊のノートは、1945年と1946年のもので、いづれも終戦後のものでした。内容は部隊の後始末に関する件や、いかに証拠隠滅を図るかとか、実に細かい指示が出されてゐたことが分かります。
戦犯を逃れるための工作といふか、駆け引きの様子も窺ふことが出来ます。本来ならかかる非人道的な行為は、真先に罪に問はれるところでせう。

GHQは、石井本人や関係者に対する尋問を繰り返すのですが、捗捗しい結果は得られません。石井の指示による偽証や黙秘に翻弄されてゐました。証言を語る条件として、戦犯としての罪は問はないとの言質を得ます。マッカーサーも、さうまでして細菌兵器のデータが欲しかつたのでせう。
ノートの記述により、石井四郎が戦後如何なる活動をしてゐたかが判明します。経済的に困窮し、売れるものは売りつくして、親戚の生活の安定に心を砕く姿がありました。ここには、あの恐ろしい非人道的な人体実験を指揮した石井とは別の人格があります。
逆に言ふと、平凡な小市民の中にも、環境次第でマッドサイエンティストに変貌してしまふ要素があるといふ事でせうか。
著者の執念の取材が実を結んだ一冊と申せませう。



怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄
51_006sW-LL__SX302_BO1,204,203,200_

怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄

中島春雄【著】
洋泉社(洋泉社新書y)刊
2014(平成26)年8月発行

いはゆる新書といふものは、書下ろしで出版されるのが普通かと存じますが、本書『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』の場合はさうではなく、既に同社から単行本として発表されてゐたものを、一部加筆の上、廉価な新書版として再登場したものであります。これは有難い。
もつとも洋泉社新書yでは以前にも、宮脇俊三著『ローカルバスの終点へ』といふ前例がありましたがね(この場合はJTB単行本⇒新潮文庫⇒洋泉社新書yといふ順番)。

中島春雄氏といへば、東宝の大部屋俳優でしたが、何より怪獣映画のスーツアクタアとして海外でも有名な人。1954(昭和29)年の「ゴジラ」第一作以来、1972(昭和47)年の「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」で引退するまで、怪獣のぬいぐるみの中に入り続けた鉄人であります。その彼が、自らの半生とゴジラとの関りを語つたのですから、痛快の極みだなむ。

円谷英二特技監督に請はれてゴジラの中に入つたのですが、当時のぬいぐるみの重さは150kgもあつたさうです。とても動けるものぢやない。しかし大部屋俳優にとつて、キツイ仕事ほどお金になるのでオイシイ。「できません」などと言へば忽ち外され、代役を立てられるだけであります。持ち前の怪力と若さで乗り切つたのでした。

むろんスタッフたちの努力もあり、中島氏の意見を参考にぬいぐるみは徐々に改善されていきます。遂には1965(昭和40)年の「怪獣大戦争」において、イヤミのギャグ「シェー」をぬいぐるみのまま演じるまでになりました。この「シェー」については賛否あり(まあ「否」が圧倒的に多いのですが)、中島氏も嫌々演じてゐるのだらうな、などと思つてゐました。しかし本書によれば、全ての事情を納得づくで芝居をしてゐたのであります。素晴らしいプロ根性と申しますか。

前述のごとく、中島氏は「ガイガン」を最後に現役引退しました。次作の「ゴジラ対メガロ」では、当然別の人がゴジラのぬいぐるみに入つてゐます。当時わたくしは子供でしたが、親に連れられて劇場で観てゐます。子供心に、「何だか今回のゴジラは動きが雑だなあ」とか「いかにも中に人がゐますといふ演技だなあ」と感じてゐました。むろんスーツアクタアが交代したなんてことは知りませんでした。つまり、子供が見ても違ひの分かるほど、中島氏のゴジラは完成されてゐたのだと申せませう。

円谷英二らと共に「ゴジラ」を創り上げてきたのだといふ自負からか、後進に対しては厳しい指摘をしてゐます。結局みんな、意識しなくても「中島春雄」を真似てしまつてゐるといふのです。中島氏のあの躍動感溢れる動きは、当然中島氏だから実現するのであつて、別の人が演じるなら、その人に一番相応しい動きがある筈だといふことでせう。それを模索する努力もなく、漫然と中島ゴジラを真似てゐてはダメだと。
流石に世界中からリスペクトされる中島氏、凡人とは一味も二味も違ひますなあ。爽快なる一冊でございます。