源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
辛酸
41Bdfg27kqL__SX353_BO1,204,203,200_

辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件

城山三郎【著】
KADOKAWA(角川文庫)刊
1979(昭和54)年5月発行



城山三郎氏が世を去つて丁度十年が経過しました。今わたくしは「城山三郎氏」と書きましたが、本来物故者には敬称を略すものでせうね。
亡くなつたばかりの人、例へば今なら野際陽子さんとかなら、死んだからと言つて忽ち呼び捨てにすることは気が引ける。故・吉沢典男氏は(ここでも「氏」を付けちやふけど)、たとへ対象となる人が尊敬すべき人でも、その死後長い年月を経た歴史上の人物の場合は、敬語を用ゐることはしないのがルールである、と語つてゐました。
十年といふのは、「長い年月」なのか、城山氏は「歴史上の人物」なのか、どうなのでせうか。

まあそれはどうでもいい。ここでは『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件』を選びました。田中正造といへば、足尾銅山の開発によつて齎された公害を訴へた人。もと衆議院議員でしたが、その職を投げ出し、足尾の公害問題に生涯をささげました。運動には私財を投じ、死亡時にはほぼ無一文であつたさうです。
田中の評伝を書くなら、その生ひ立ちから、華華しい議員時代の活躍ぶりを活写したいところですが、城山氏はさうはしませんでした。

二部構成で、第一部「辛酸」では、既に議員を辞職した後、「谷中村」で苦闘する姿で登場します。国は渡良瀬川を中心とする公害について、企業の責任を認めず、それどころか渡良瀬川の貯水池を強引に作り、谷中村を無理矢理消滅させます。一部村民は谷中に残り、田中も共闘するのですが、権力の前には無力でした。
第二部「騒動」は、田中亡きあとの、村民たちの悲しい戦ひぶりが展開されます。谷中残留民のひとりである宗三郎くんが実質的な主人公となり、妥協を迫る官憲や寝返つた元村民、弁護士たちの圧力に抗ふのですが......

国は谷中を強制的に廃村にせんと、住民が残つてゐるにも拘らず村民たちの家屋などを破壊し、あまつさへその費用まで負担を村民に要求するといふ無茶苦茶ぶりであります。
足尾の銅山が公害の原因だと認めると、経済的に打撃になるので、目を瞑つたのですね。さういへば志賀直哉が父親と不仲になつた原因も足尾銅山だつたつけ。

本書を読んで、いやあ明治大正は何といふ封建的で野蛮な時代であつたことよ、と思ふかも知れませんが、多分その流れは現代も続いてゐますね。環境よりも経済を優先させ、実業人を太らせる政策。中国はそれが極端に進められ、かつての日本を上回る公害大国になつてゐます。米国のトランプなる御仁も、未だに環境と経済は対立するものといふ旧来の概念に囚はれて、時代に逆行した政策を打ち出してゐます。わが日本の原発政策なども、まさに同様の問題ですな。
かかる古くて新しい課題を、1961(昭和36)年といふ時代に提示した城山氏の慧眼も注目の、感動の一作と申せませう。

ところで、長らく貨物輸送を担つた国鉄足尾線は、現在第三セクターの「わたらせ渓谷鐵道」として生れ変り、トロッコ列車を走らせるなど観光客を集めてゐます。ここを訪れる皆様は、少しだけ田中正造と鉱毒事件に思ひを馳せていただきたいと存ずるものであります。
ぢや、おやすみ。


汽車旅放浪記
51FOcq9uq4L__SX351_BO1,204,203,200_

汽車旅放浪記

関川夏央【著】
中央公論新社(中公文庫)刊
2016(平成28)年10月発行



関川夏央氏もテツであつた! さういへば原武史氏や酒井順子氏らと汽車旅の本を出してゐましたなあ。迂闊な事でした。
書名から、著者があちこちとテツ旅をする一冊かと思ふところですが、さにあらず。
文学史に名を残す作家たちが、その作品中でいかに鉄道を扱つたか、いかなる汽車旅をしたのかを探り、その旅を追体験してみやうといふ試みですかな。

登場する主な作家は、以下の通り。
高村光太郎・川端康成・坂口安吾・志賀直哉・上林暁・岩野泡鳴・葛西善蔵・中野重治・山本周五郎・松本清張・林芙美子・太宰治・宮沢賢治・宮脇俊三・夏目漱石・内田百閒。
特に宮脇俊三に関しては、一章丸ごと充てるなどして、かなりの熱の入れやうです。『時刻表昭和史』における、今泉駅での終戦体験について熱く語る。確かに名著の誉れ高い同著の中でも、もつとも感動を呼ぶ場面でした。堂々たる「宮脇俊三論」となつてゐます。

漱石は汽車嫌ひだつたと繰り返し述べてゐます。本人もさういふ旨の発言をしてゐるさうです。しかし作品中にはやたらと汽車が登場するのです。描写も的確で、さすがに良く観察してゐると感心するのです。
漱石は猫嫌ひか否かとの論争もありますが、同時に鉄道嫌ひかどうかも専門家の間で論じていただきたい。『坊っちゃん』や『三四郎』などにおいては特に、汽車が重要な役割を果たします。さうさう、『それから』のラストシーンでも、代助が電車に乗りながら周囲が真赤に染まるといふ印象的な場面がありました。内心、実は鉄道好きではないのかと思はせるのです。

書名から、テツ向けの内容かと勘違ひする向きがあるかも知れませんが、本書は鉄道情報を提供する書物ではありません。鉄道をダシにして文学を語るエッセイといふ感じでせうか。まことに愉快な一冊であります。ただし文学趣味の無い人が読むとツマラナイかも知れません。
(ところで、JR西の路線「三江線」は、「さんごうせん」と態々フリガナを振つてゐますが、これは「さんこうせん」でせうね。江津や江川の連想から「さんごうせん」だと思つたのでせうか)



大尉の娘
18671133_1877776649138425_8950546555537028665_n.jpg

大尉の娘

アレクサンドル・プーシキン【著】
中村白葉【訳】
新潮社(新潮文庫)刊
1954(昭和29)年8月発行



ロシアでは他国に比して、文学の近代化が遅れてゐました。後の豊穣なるロシア文学世界を思ふと、意外な感じがします。
そんな中で、ロシア近代文学の祖とも呼ばれるのがプーシキンであり、その代表作が本書『大尉の娘』といふ訳。
歴史上の事件である「プガチョフの乱」(本書の表記では「プガチョーフ」)を背景に物語が進みます。世界史の授業中に居眠りをしてゐた人でも、その名前くらゐは覚えてゐるのではないでせうか。

主人公はピョートル・アンドレーイチ・グリニョフなる、少年から青年への成長期の若者。名が長すぎるので、わたくしは読みながら脳内で、勝手に「安藤玲一」などと読み替へてゐました。
この人に限らず、登場人物の名が長いので、覚えるのに一苦労であります。しかも会話文でさへ、「アヴドーチヤ・ワシーリエヴナ、ペトルーシャは幾つだつたかな?」などと、夫が妻に自分たちの息子の年齢を確認するだけでこんな調子なので、読み慣れないと頭がくらくらします。

そのグリニョフの父は、息子を士官として一人立ちさせんが為に、態々辺境の要塞に派遣させます。そこで出逢つたのが、「大尉の娘」マーシャことマーリヤ・イヴァーナヴナ・ミローナヴァであります。
二人は恋仲となりますが、結婚の許可を父に手紙で願い出たところ、「許さん」との返事。落ち込む二人でしたが、そんな中、コサックたちの反乱がこの要塞にも累を及ぼすことになります。所謂「プガチョーフの乱」であります。
コサックの頭領・プガチョーフは破壊、略奪、虐殺の限りを尽くし、若い二人の運命もこれまでかと思はれましたが......

いやいや、面白い。文学史的にも重要な作品なのでせうが、そんなことは忘れていいです。立志・恋愛・友情・対立・悲劇・活劇と全ての要素が詰まつた、感動的物語であります。古典作品も侮れません。
ところで、本書はわたくしが学生時代に購買したものですが、どうやら現在は絶版で、岩波文庫版(神西清訳)が入手容易らしい。しかしながらこの中村白葉訳も捨てがたいので、あへて新潮文庫版を挙げておきます。いささか古風で、促音も廃した表記ですがね。

蛇足ながら、忠実なる部下のアルヒープ・サヴェーリイチは、東映時代劇の堺駿二を連想させました。どうでもいいですが。



ロングセラアのお菓子「カール」が、東日本では発売を取りやめるとしてニュウスになりました。その境目は中部地方と近畿地方の境界線かと思つたら、三重県も「東日本」に含まれてゐました。近畿地方を名乗りながら、ちやつかり「東海三県」の一員になる三重県。関西圏からすると、「普段名古屋の方ばかり顔を向けてゐる報ひだ、はッはッは」といふところでせうか。
たつた今近所のスーパーにて「カール」売場を確認したら、見事に全種類が売切れで、棚がすつからかんでした。同じことを皆考へるやうで、「ああ、売切れだねえ」と嘆く人たちが群がり、幼児を連れた若いお母さんも「カール売切れだよ、もう、前買つたのはお父さんが全部食べちやつたからねえ」と残念がつてゐました。カールを求めて人々は西へ、となるのでせうか。


〈図解〉配線で解く「鉄道の不思議」 東海道ライン編
51b2nFNObUL__SX342_BO1,204,203,200_

〈図解〉配線で解く「鉄道の不思議」

東海道ライン編


川島令三【著】
講談社(講談社+α文庫)刊
2012(平成24)年12月発行



おやこんなシリーズがあつたのかと手に取る。実は「【図説】日本の鉄道」シリーズ」(あのB5の薄い本のシリーズだよ、と言つても分からないか)の別冊を書籍化したものださうです。更にそれを文庫化したのが本書であります。同シリーズを所持する人にとつては紛らわしい一冊ですが、わたくしは購買してゐませんでしたので幸いでした。
第一弾として発表されたのが本書「東海道ライン編」。東海道ラインといふ呼称は著者・川島氏の造語だとか。色々と言葉を創り出す人ですなあ。

3章構成であります。第1章は「駅と配線のミステリー」。東海道を謳ひながら、冒頭に「上野-秋葉原間1.6kmに隠された謎」を持つてきたのは絶妙であります。かういふ書物は、まづ首都圏の読者を惹きつけねばなりません。わたくし自身も秋葉原駅の歴史については無知でした。何しろテツではないのでね。
因みに「愛知の鉄道・舞台裏」「名岐の鉄道」については、地元民だけあつて、わたくしには承知済みの事項でした。

第2章は「知られざる鉄道史」。「東京駅の変遷」「横浜と鉄道」はまさに、日本の鉄道の発祥そのものと申せませう。個人的には「生駒山の壁」が興味深く読めました。近鉄各線が最短距離を通らず、不自然な線形をしてゐる理由が分からうといふものです。

第3章は「配線図を楽しむ 絶景・名所クローズアップ」。「配線図」をダシにした観光案内ですかな。豊橋駅のホテルアソシアからのトレインヴューを紹介するあたりは、流石に川島氏であります。本当に絶景、といふかテツにとつてはいつまでも見飽きない光景なのであります。

講談社の〈図解〉シリーズは、その名に反してあまり図解が目立たぬ本が多かつたのですが、この配線シリーズは文字通り「図解」が活躍し、その名に恥ぢぬ内容であります。カラー頁が多いのもいい。本書の後、「山陽・山陰ライン」「中部ライン」と続き、どうやら配線シリーズで全国制覇するつもりらしい。それも結構ですが、肝心の「大研究」シリーズを早く完結して頂きたいとも思想するわたくしでした。


戦後史の空間
51BCRHBRGVL__SX329_BO1,204,203,200_

戦後史の空間

磯田光一【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2000(平成12)年8月発行

磯田光一氏が世を去つたのが1987(昭和62)年、もう三十年にもなるのでした。まだ56歳の若さだつたのです。
歴史に残る事件や出来事がこれから続発するといふ時期に亡くなつたといふことになります。磯田氏がベルリンの壁崩壊やソ連の消滅を目の当たりにしてゐたら、如何なる視点から読み解くのか、まことに興味深いものがありますが、まあそれも詮無いこと。

新潮文庫の説明文によると、『戦後史の空間』は『鹿鳴館の系譜』『左翼がサヨクになるとき』と併せて三部作を為してゐるさうです。まあそれはいい。とにかく敗戦後の日本を、文学作品を通じて論じます。
敗戦における「無条件降伏」の意味とは何か。ポツダム宣言の条件による降伏とは、本来「有条件降伏」となるべきであると。ポツダム宣言を「無条件に」受け入れる事が、即ち「無条件降伏」ではないのだと指摘します。

また「占領の二重構造」では、戦後のGHQによる占領のみならず、戦前戦中の陸海軍による「軍事占領」に注目します。軍部の圧迫から逃れられた解放感と同時に、新たに米軍による日本の支配の不安。つい先日まで「鬼畜米英」などと喧伝してゐた相手に、媚びへつらふ風潮を苦々しく感じてゐた人も多かつたと言はれてゐます。太宰治もさういふ、偉い人たちが戦後に豹変してしまつたことに失望を隠しませんでした。

さらに戦後を示す数々のキーワード(「新憲法制定」「安保改定」「洋行」「転向」「高度成長」......)を、磯田流に読み解きます。戦後日本は世界にも例のない高度成長で右肩上がりの発展を続けてきたと言はれますが、その変容の仕方や、失つたものなどを情け容赦なく眼前に提示するのでした。

そして最終章の「もうひとつの“日本”」。人々は「戦後」といふ時代を前提にして語り過ぎると指摘。それを崩す作業仮説として、三つの想定を試みますが......中中衝撃的な内容ですな。米国ではなくソ連に占領されてゐたら......日本が米国の51番目の州に編入されれてゐたら......「戦後」そのものの枠組を破砕したら......
荒唐無稽な空想としてではなく、どうやら米国に依存し保護されながら同時に反発を繰り返してきた「戦後」の本質を炙り出す作業だつたやうです。

なほ、引用された数々の文学作品ですが、わたくしは結構読んでゐたつもりなのに、そんな小難しい事は考へにも至らなかつたのであります。情けない喃。



先日、映画監督の坂野義光氏が亡くなりました。86歳。商業映画はあまりたくさん撮つてゐないのですが、何と言つても「ゴジラ対ヘドラ」で、ゴジラを飛ばせてしまつた奴として有名であります。放射能を吐きながら、後ろ向きにタツノオトシゴみたいな恰好で飛んでゆくのでした。あれにはぶつ飛んだ人も多かつたでせう。
そのせいか、その後は声がかからず、ドキュメンタリーの方面で活躍してゐたやうです。近々拙ブログにて著書を取り上げる予定であります。今夜は「ヘドラ」の追悼上映をするかな。
合掌。