源氏川苦心の快楽書肆
古い本を探しては読みふけつてゐます。よければお付き合ひくださいな。
発想法
41G0OL9ImDL__SX306_BO1,204,203,200_

発想法 リソースフル人間のすすめ

渡部昇一【著】
講談社(講談社現代新書)刊
1981(昭和56)年11月発行

先達て逝去された渡部昇一氏であります。紹介される時には、枕詞のやうに「保守派の論客」といふ謳ひ文句が付く人で、色色と発言が問題視されたこともございます。わたくしは中高生の頃、本多勝一氏の著書を読み耽つてゐた為、それと対極に立つ渡部氏の言葉には素直に首肯しかねる事が多かつたのです。
それにもかかはらず、何故か渡部教授の文章が目に留まると、無視できぬといつた存在でした。不思議ですねえ。

専門が英語学である渡部氏の代表的な著作は何か、わたくしは存じませんが、一番売れたのは『知的生活の方法』ではないでせうか。わたくしも当時、続篇と併せて拝読したものです。
しかし天邪鬼なわたくしは、ここで『発想法―リソースフル人間のすすめ』を登場させる訳です。1981(昭和56)年、千代の富士の「ウルフフィーヴァー」の年に刊行されてゐます。当時渡部氏は51歳、もつとも脂の乗り切つた時期ではありますまいか。

サブタイトルにある「リソースフル」とは何か。表紙の言葉を引くと―

リソースフル(resourceful)とは、発想の豊かさを表わす言葉である。語源的には「再び立ち上がる」「再び湧き出す」ということだが、転じて、どんな状況においてもアイデアが出てくること、つまりは、「汲めども尽きぬ知恵の泉(ソース)」をもつことである。リソースフルであるためには……、より深く豊かな泉をより多く身につけるには、どうすればよいのだろうか。まずなによりも、発想の源は自分自身の内部にある。みずからの独自で切実な体験を直視し、忘れず、みがきあげることを土台に、貴重な泉としての外国語習得、新鮮な目をもつこと、幅広い耳学問など、思いつきではない、柔軟な発想を生むための心がまえと方法を説く。

なのださうです。

例へば、森鷗外と坪内逍遥の論争を引き合ひに出します。「没理想論争」と称するさうですが、その詳細はしかるべき文献に当つていただくとして、この論争は世間的には鷗外の勝ちとみなされてゐるさうです。その理由を、逍遥は英語一本だつたのに対し、鷗外はそれに加へて、ドイツ語も出来たからだと著者は推測します。当時は外国語の文献にどれだけ当つたかで勝負が決まるやうなところがありました。即ち鷗外の方が井戸(泉)が多く、枯れ難い環境にあつたと。

葛西善蔵や嘉村磯多のやうな人は、寡作に終つた人たちですが、何しろ水を汲むべき井戸が自分一本しかない。小説を書くための取材や調査をする訳でもなく、外国の文献に当らず、机に向かひ自分の事をうんうん唸りながら書くだけであるので、全くリソースフルではないと論じます。
一方、泉の豊かな作家として、松本清張や夏目漱石を挙げてゐます。両者とも、泉が溢れんばかりの書きつぷりであると。さらに谷崎潤一郎と江戸川乱歩(いづれも「大」が頭につく人ですね)を対比させて、いかに井戸の数が多かつたかを示してゐます。

井戸といへども、際限なく水を汲み上げてゐては、いつかは枯れます。そこで第一の井戸が枯れる前に、第二の井戸、それも枯れさうになれば第三の井戸から汲み上げ、さうかうするうちに第一の井戸は再び水量が戻つてくるであらう、と。即ちその井戸の多さがリソースフルであるか否かの目安なのですね。

それにはまづ「異質な目」を養ふ事が肝要だと。先天的な、生れた環境が否応なしに異質な目を作ることもあり、後天的な努力や発想(不幸な体験も、逆説的に言へば「異質な目」を得るチャンスだといふ)で、井戸の数を増やすことも可能でせう。
終章では「天からの発想・地からの発想」と題して、オカルト的な現象からの発想を説いてゐます。本書の中では若干浮いてゐますが、後年渡部氏は精神世界関連の著作も物してゐますので、今から思へば特段訝しがることもございません。

ところどころに「さうかなあ」と首を傾げる記述もありながら、全体として力強いメッセージを受け取つたと感じられます。のんべんだらりと暮す自分がまことに愚劣な存在に(事実さうでせうが)思へてくる、ちよつと尻を叩かれてゐるやうな気分になる一冊と申せませう。合掌。


平安鎌倉史紀行
615Q11WQ7PL__SX337_BO1,204,203,200_

平安鎌倉史紀行

宮脇俊三【著】
講談社(講談社文庫)刊
1997(平成9)年12月発行

古代史紀行』に続く、「日本通史の旅」シリイズ第二弾であります。
日本史の流れに沿ひ史跡や歴史上の人物のゆかりの地などを巡る企画で、今回は長岡京遷都から鎌倉幕府の滅亡までを辿ります。即ち『平安鎌倉史紀行』といふ訳。

古代史では歴史と神話の境界線があやふやで、従つて素人も色色と妄想する愉しみがあつたのですが、平安鎌倉となると文献も揃ひ始め、歴史の形が次第にはつきりとしてきました。宮脇氏も、あまり気の進まぬ事件や好まぬ人物がゐるやうですが、さうも言つてをられず、せつせと現地へ向かひます。

あくまでも歴史の流れ順に訪問する為、同じ場所に何度も足を運びます。一見無駄足のやうに見え、交通費も嵩むのですが、著者は何度も旅行出来て嬉しいと全く意に介さないのが愉快であります。
なるべく鉄道やバスで移動したいと言ひながら、タクシーをやたらと駆使します。史跡巡りにはその方が便利だからですね。運転手から地元ならではの情報も仕入れる事もできます。

日本史を繙くとどうしても京都が中心になりがちなところを(実際京都は何度も行つてゐますが)、少しでも変化を付けやうとする姿勢も読者思ひでよろしい。平泉・鎌倉・熊野・比叡山・水海道・日振島(愛媛県・藤原純友を巡る旅)・黒田庄・福原(神戸)・厳島・木曾宮ノ越・一ノ谷・壇ノ浦・美濃太田・永平寺等等。さすがに蒙古襲来の項では、モンゴルまでは行つてませんが。それにしてもこの蒙古軍といふのは、知れば知る程腹が立つのであります。某国なら千年恨みは忘れないと喚く事間違ひなしですな。

武士が擡頭し、新田義貞軍が北条高時を追ひつめ、鎌倉幕府が滅亡したところで本書は一旦終ります。ああ早く続きを読みたい喃。日本史のおさらひにもなつて、まことに愉快な一冊となのでございます。


731
51WBrZRl-jL__SX348_BO1,204,203,200_

731 石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く

青木冨貴子【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2008(平成20)年1月発行

731部隊。第二次大戦中に帝国陸軍が満州にて展開した細菌戦部隊であります。表向きは防疫給水を目的とした研究機関ですが、その内実は生物兵器を開発する組織だといふことです。
創設・指揮したのは陸軍の軍医であつた石井四郎。ノモンハン事件で功績を挙げ、部隊内での地位を向上させたとされる人物であります。

本書『731 石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』は、タイトル通り731部隊と石井四郎の謎に迫つた、青木冨貴子氏によるノンフィクション。『ライカでグッドバイ』の人ですな。
読み始める前は、細菌戦部隊とか人体実験とか、或は人間モルモット(「マルタ」なる符牒で呼称してゐたさうです)だとか、おぞましい話が再現されるかと戦き構へてゐました。しかし著者の狙ひは、違ふところにあつたのです。

石井四郎直筆のノートが二冊見つかつたとの連絡が入り、著者は早速石井の郷里である千葉県芝山町へ向かひます。随分興奮気味であります。ノートを手に入れた時の著者の高揚ぶりが伝はつてくるのです。
何しろ今まで世に出なかつた石井直筆ノートですからねえ。新事実の発見や、これまでの定説を覆す記述とかがあるかも知れぬと思ふだけで、ジャーナリストとしては平静を保つのは難しいのでせう。

二冊のノートは、1945年と1946年のもので、いづれも終戦後のものでした。内容は部隊の後始末に関する件や、いかに証拠隠滅を図るかとか、実に細かい指示が出されてゐたことが分かります。
戦犯を逃れるための工作といふか、駆け引きの様子も窺ふことが出来ます。本来ならかかる非人道的な行為は、真先に罪に問はれるところでせう。

GHQは、石井本人や関係者に対する尋問を繰り返すのですが、捗捗しい結果は得られません。石井の指示による偽証や黙秘に翻弄されてゐました。証言を語る条件として、戦犯としての罪は問はないとの言質を得ます。マッカーサーも、さうまでして細菌兵器のデータが欲しかつたのでせう。
ノートの記述により、石井四郎が戦後如何なる活動をしてゐたかが判明します。経済的に困窮し、売れるものは売りつくして、親戚の生活の安定に心を砕く姿がありました。ここには、あの恐ろしい非人道的な人体実験を指揮した石井とは別の人格があります。
逆に言ふと、平凡な小市民の中にも、環境次第でマッドサイエンティストに変貌してしまふ要素があるといふ事でせうか。
著者の執念の取材が実を結んだ一冊と申せませう。



怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄
51_006sW-LL__SX302_BO1,204,203,200_

怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄

中島春雄【著】
洋泉社(洋泉社新書y)刊
2014(平成26)年8月発行

いはゆる新書といふものは、書下ろしで出版されるのが普通かと存じますが、本書『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』の場合はさうではなく、既に同社から単行本として発表されてゐたものを、一部加筆の上、廉価な新書版として再登場したものであります。これは有難い。
もつとも洋泉社新書yでは以前にも、宮脇俊三著『ローカルバスの終点へ』といふ前例がありましたがね(この場合はJTB単行本⇒新潮文庫⇒洋泉社新書yといふ順番)。

中島春雄氏といへば、東宝の大部屋俳優でしたが、何より怪獣映画のスーツアクタアとして海外でも有名な人。1954(昭和29)年の「ゴジラ」第一作以来、1972(昭和47)年の「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」で引退するまで、怪獣のぬいぐるみの中に入り続けた鉄人であります。その彼が、自らの半生とゴジラとの関りを語つたのですから、痛快の極みだなむ。

円谷英二特技監督に請はれてゴジラの中に入つたのですが、当時のぬいぐるみの重さは150kgもあつたさうです。とても動けるものぢやない。しかし大部屋俳優にとつて、キツイ仕事ほどお金になるのでオイシイ。「できません」などと言へば忽ち外され、代役を立てられるだけであります。持ち前の怪力と若さで乗り切つたのでした。

むろんスタッフたちの努力もあり、中島氏の意見を参考にぬいぐるみは徐々に改善されていきます。遂には1965(昭和40)年の「怪獣大戦争」において、イヤミのギャグ「シェー」をぬいぐるみのまま演じるまでになりました。この「シェー」については賛否あり(まあ「否」が圧倒的に多いのですが)、中島氏も嫌々演じてゐるのだらうな、などと思つてゐました。しかし本書によれば、全ての事情を納得づくで芝居をしてゐたのであります。素晴らしいプロ根性と申しますか。

前述のごとく、中島氏は「ガイガン」を最後に現役引退しました。次作の「ゴジラ対メガロ」では、当然別の人がゴジラのぬいぐるみに入つてゐます。当時わたくしは子供でしたが、親に連れられて劇場で観てゐます。子供心に、「何だか今回のゴジラは動きが雑だなあ」とか「いかにも中に人がゐますといふ演技だなあ」と感じてゐました。むろんスーツアクタアが交代したなんてことは知りませんでした。つまり、子供が見ても違ひの分かるほど、中島氏のゴジラは完成されてゐたのだと申せませう。

円谷英二らと共に「ゴジラ」を創り上げてきたのだといふ自負からか、後進に対しては厳しい指摘をしてゐます。結局みんな、意識しなくても「中島春雄」を真似てしまつてゐるといふのです。中島氏のあの躍動感溢れる動きは、当然中島氏だから実現するのであつて、別の人が演じるなら、その人に一番相応しい動きがある筈だといふことでせう。それを模索する努力もなく、漫然と中島ゴジラを真似てゐてはダメだと。
流石に世界中からリスペクトされる中島氏、凡人とは一味も二味も違ひますなあ。爽快なる一冊でございます。


さよなら国鉄 最長片道きっぷの旅
o0642096013871383464.jpg

さよなら国鉄 最長片道きっぷの旅

種村直樹【著】
実業之日本社刊
1987(昭和62)年4月発行

国鉄解体30周年シリーズ(?)の第三弾は種村直樹氏。レイルウェイ・ライターとして、国鉄最後の日々を記録しやうと、国鉄最長片道切符の旅を敢行します。
む、それなら宮脇俊三氏もやつてるよね、と思つた貴方、種村氏のそれは、もう一つスケイルアップしてゐます。即ち、国鉄バス路線も含めた、文字通りの国鉄最長切符に挑戦したわけであります。

鉄道線だけでも最長ルートを探るのは困難を極めるのに、バスまで含めるなんて尋常ではありません。この種の話に必ず出てくる眼科医の光畑茂氏といふ方がゐますが、種村氏はここでも彼の力を借ります。その結果、起点は佐賀県の竹下町(バス停)、終点を北海道の鵡川としました。鉄道線12012.4km、バス路線5655.5km、航路113.0km、総計で17870.9km、運賃230450円の壮大な片道切符であります。

なほ、宮脇氏の時代には本州と四国を結ぶ国鉄連絡船が「宇高」「仁堀」と二つ存在したため、四国も片道切符のルートに含まれたのですが、種村氏の時には既に「仁堀連絡船」は廃止となつてゐました。そのため一度四国に入れば戻れない(同じ宇高航路で戻れば片道切符ではなくなる)ので、四国は割愛されてゐます。もつとも、番外で四国篇も収録されてゐますが。

さて実際に旅が始まると、予想通りバス路線での苦難が続きます。一日数本しかない路線はざらですが、さうかといつて短区間のバスに乗るために一日を無駄には出来ません。他社バスがある場合は代行乗車をしたり、タクシーで代行したり。あるいは季節運転の路線がルートに含まれてゐて、丸丸カットするケースも。
沿線風景をルポする取材ならともかく、今回は国鉄の姿を記録するのが目的であります。ならば他社バスに乗つても意味がないのではないかと思ひました。タクシー代行など、太川陽介さんが聞いたら激怒しさうです。やはり無理せず鉄道のみの最長切符で良かつたのでは。
そして極めつけに残念なのは、実は種村氏が辿つたルートは、最長ではなかつたといふ衝撃の事実。旅行後に判明したのですが、起点を竹下町ではなく、福岡県の姪浜にすれば、さらに12.6km長かつたさうです。ああ何たること。

とまあ色々残念なことはありますが、国鉄を見つめる種村氏の眼は確かであります。鉄道メイニアではなく、一利用者の観点からの辛口批評ですので説得力があるのです。まあ中には個人的不満の表明もありますが。
宮脇氏のそれが鉄道紀行文学作品となつてゐるのに対して、種村氏の作品はあくまでも記者の視点から国鉄の現状を記録してゐて、ここでも両者の違ひがくつきりと表れてゐるのが面白いですね。

さて随分久しぶりの更新で、いささか疲れました。おやすみなさいませ。